http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2010年12月25日土曜日

クリスマスの夜は?!大変でした。




 昨夜のクリスマスの夜は皆さんいかがお過しでしたか。
実はホーチミン市のクリスマスの夜は3回目にして初めてバイクで走りましたが大変でした。

噂には聞いていましたが、驚きました。
路上のバイクバイクの多さにびっくり仰天。

ビンタン区から1区に向かう橋の手前で、あまりにもバイクの多さに引き返そうかなと思いましたが、引き返すにも引き返せない…。

宿の、クリスマスなのに遊びに行く相手もいない寂しい学生たち3人とアイスクリームでも食べようかと外に出たのは良いが、外は上記のような状況でした。

途中で迂回しながら、1区とは逆方向に走りながら学生の言うままにバイクで走りますが、路上は若いカップルで溢れていました。時々、親子4人でバイクに乗っている家族連れも見かけました。何故か、その親子連れはお母さんは体格が良い!

親子4人でバイクが重そう!!?失礼。


着いた所は、1区から離れたフーニャン区のカフェ。
しかし、店内は客客でごったがえしていました。
店内に入れない客は路上で…。

アイスクリームの美味しいカフェで有名らしいのですが、クリスマスは稼ぎ時でしょうね。学生たちは写真を撮りまくりです。(いつもながら、写真の好きなベトナム人には感心します)


カフェ内では他愛も無いおしゃべりで時間は経過するだけです。

宿への帰りの道も大渋滞。何度か危ないと思う瞬間も体験しながら宿の近くに帰ると、「ホビロンを食べませんか?」と学生が聞いて来る。

近くのウズラの卵のホビロンの店に行きます。店と言っても、路上の屋台です。熱々のウズラの卵のホビロンも月を眺めながら皆で食べると美味しいものでした。

と言う訳で、我が宿のクリスマスの夜は深けて行きました。
恋人と遊びに行った連中が何時に帰ったかなどは無頓着です。

ところが、その翌朝の今朝、大学の同僚の先生は昨夜バイクで転んで怪我をされたらしい事が分かりました。大変です。

その先生から学生への電話で分かりましたが、学生はその先生からの言葉も分からないので一緒に病院などへ行って欲しいという頼みに、のんびりと夕方ならなどと返事している…。

側で電話を聞いていて、後で、そんな場合は何よりも先に病院に行くべきで先生は困っているのだから今からでも一緒に病院へ行きなさいと教える。

当初、学生はベトナム病院へ行こうとしていたが、外国人向けの病院へ行くべきと指示する。(学生の発想に任せると「高いから…」で安い病院へ行く事になるのだが、外国人は何時間も待てないよ。これも文化の違いかね。)

昨夜の路上のバイクの異常な多さを思い出して、クリスマスの夜にホーチミン市内をバイクで走るものではないなと思うのでした。

今、ブログを書いているところへその先生から電話があって、病院での診察の結果はやはり骨折していたとか。そりゃ、痛かったでしょう。お大事に…。






見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

野良犬 さんのコメント...

こんちわ
私も昨晩どうしてもゼンプラダに行く用事が有ったので行ったら帰りが19時に動物園周辺で渋滞に巻き込まれて身動き取れなくなって大変でした

nihongoyaroo さんのコメント...

クリスマスの夜はホーチミン市内を走るべからずが教訓です。(笑)
ま、若いベトナムだからこそでしょうか。
お互いに事故には気をつけましょう。