http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年1月31日月曜日

日常は暇で平凡過ぎて気がついたら二月だ。日本の政治には怒り頂点に…

新年に宿のベトナム娘とオセロに興じていると書いてから気がついたら一月が経過した。
何度か投稿しなければと思いながら、いざ何を書こうかと思っているうちに時間が経った。
ニュースを見る度に怒りが湧いて来る日本の政治状況について書こうと思うと、怒りが湧きながら正常心でないと思いながら書かずじまい。

政治には書きたいことは多いが平常心では居られなくなりそうなので書かない。
しかしながら、今日、小沢元代表が検察審査会なるものから起訴をされた。
検察が二度に渡り証拠無しで起訴を諦めたのに、組織自体が正体不明で怪しい検察審査会は起訴をした。
何がなんでも小沢氏を政治の舞台から失脚させようという大きな力が裏で動いているとしか考えられない非常におかしな行為だ。

裁判では無罪になる可能性が大きいと専門家は言っている。そりゃそうだろ検察が二度も不起訴にしたのだ。

それなのに、民主党の空き缶内閣はその小沢氏を政治の舞台から抹殺しようとしている。狂っているとしか言いようがない。
今の民主党を一緒に作って来た仲間だし一番の貢献者が小沢氏だ。野党ならともかくも同じ仲間の民主党の菅首相は政権維持の為にかそれ以外に何か目的があるのか知らないが、躍起になって仲間の先輩の政治家を追い出そうとしている。

その空き缶首相は選挙公約を殆ど守らないで、財務省のお先棒担ぎ手になりさがっている。消費税のアップ、TPPに参加、社会保障の改革、官僚制度の改革などで公約にないことをするなら総選挙で信を問うべきだ。

もうこれ以上、空き缶内閣にやらせると日本は不幸社会になっていくだけだ。
今の状況では、今の民主党ではどうしようもない。一刻も早く解散総選挙して欲しい。

最近になって私は確信している。小沢氏や鳩山氏を潰しているのは、裏で米国がいるからだ。
民主党政権になって、米国には都合が悪いことが多くあったのだろう。それで潰したのだ。
このことはいずれ、歴史が証明するだろう。

今の日本では、大手マスコミが真実の情報などは報道していない。政治の情報も、政府の広報機関になりさがっている。
そのマスコミを信じている国民が多い日本では、国民の多くが気が付くのは時間がかかるがいずれチュニジアやエジプトの様になるだろうと信じている。

それとも、いつまでも米国の従属国家で衰退の道を歩み続けるのか。

書き始めたら、やはり政治ネタになった。

0 件のコメント: