http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年2月3日木曜日

Chuc mung nam moi 祝ベトナム正月

旧正月、ベトナムのテト、明けましておめでとうございます。

今年のテトはベトナムのダクラックという町で迎えました。
昨日までのダクラックのブンメートットという町の中心は、曇り空が多かったのですが今日は真っ青な空で快晴です。
ただ、風が強いのが難ですが。

朝は、と言っても遅い朝で10時過ぎに宿の近くのお寺にお参りに行きました。
まずは我が身の健康と、日本に居る息子たちの健康と、諸々のお願いをして最後は世界が平和になりますように。

昨日の大晦日の夜は、夜中の10時過ぎから町の中心部で花火が上がりました。
宿の外に出て通りから花火を眺めていると、なんか大晦日の雰囲気が少ししました。

夜中の0時、また、外で花火の音がしました。
でも、日本のようなお寺の鐘が聞こえてこないのですね。

平和な穏やかな大晦日でありました。

しかし、世界は激動の年明けのようです。エジプトの情勢もどうなるか。中東全体が今年は大きく変化するでしょう。
米国の影響が変わるでしょう。

でも、日本はどうなのか?今日の東京新聞に「どうして日本は静かか?」との記事が載ったそうです。詳細は分かりませんが、日本も本来はデモや騒動が起きてもおかしくないのに何故なのか?との問いかけなのか。


どちらにしても、激動の年明けのようです。日本にも革命が起きて欲しいと願うテトです。

0 件のコメント: