http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年3月17日木曜日

原発事故、昨日今日の状況を分析をすると、非常に悲観的な見通しです。

以下は私の所属しているメーリングリストに転送されたフランス在住の日本人の信頼できるメールです。ご参考になれば幸いです。
政府やマスコミの情報だけでなく、今はネットで色んな情報が入ります。できるだけ多くの情報を参考にして行動できたらいいですね。

ーーーーー
今,私はフランス最大の脱原発団体<ソルティール・デュ・ニュークレエール>
(多くの科学者も含む)と協力して、あらゆる情報と分析を日夜行なっています
が、昨日今日の状況を分析をすると、非常に悲観的な見通しです。
現在行なっている作業(放水など)の効果はほとんど望めまそうにもありませ
ん。たぶん、<焼け石に水>といった状態でしょうか。これらの作戦はもう打つ
手がないので、(効果はまったくわからない)できる手は何でも打つということ
です。海水を流し込んだのもそうです。これらの原発はもう使用できません。
唯一期待できそうなのは、新たな電源が設置されて、5号機6号機の冷却が再開さ
れることです。さもないと福島第一原発すべてが壊滅する危機があるのです。
しかし、1号機から4号機まではほぼ絶望的な状況です。
ここ一週間くらいで、決定的な高濃度の放射能が放出され、東京もその汚染に満
たされる可能性が非常に高くなっています。この一週間が避難するかどうかの決
断の限界期間になってくると思います。ただぎりぎりまで待つと多くの人々が避
難することになり、大混乱が予想されます。仕事や物理的、経済的事情でタイミ
ングをみているのでしょうが、ここ数日中に避難することをお勧めします。西日
本へ、遠ければ遠いほどいいと思います。信州も東京よりマシかもしれません。

「0.3マイクロシーベルト/hを超えたら、私は退避を考えます。
 0.6マイクロシーベルト/hを超えたら、私は即刻退避します。」
という識者のコメントがあります

現状の放射能でも、定常的に浴びていると体内で濃縮されます。埼玉大学の市川定夫教授の、原発周辺のムラサキツユクサの遺伝子が全部異常になっている研究によっても微量放射能の危険性は否定できません。


現在、東京新宿地点における原子力資料情報室の測定データによると、
2011/3/17
時間 マイクロシーベルト
02:00 0.07-0.09  0.09-0.11
10:00 0.07-0.08
14:00 0.07-0.08  0.09-0.11
17:00 0.07-0.08  0.09-0.10
20:00 0.06-0.08  0.09-0.10



この識者を基準にすれば、まだ余裕はあると思いますが、放射能は急激に上昇することも大いにあります。
熟慮の上、避難の段取りをお考えください。
今も地震が続いているようですが、どうぞ最大の注意をお願いします。皆さんのご無事を心から祈っています。

ーーーーーーーーーーーー

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: