http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年3月18日金曜日

日本政府は国民に本当のことを知らせない/ツイッター転載

外国政府は福島原発から90キロm、100キロmなどと自国民に指示を出している。米国などは原発事故は経験済み、その分析は日本政府よりは正確だろうと思う。日頃は米国ひいきでは無い私だがこの際は米国を信ずる。

先の「米国の初期の技術派遣や冷却剤を断った」菅政権が初動体制を誤った事を国民に知られたく無いために、内閣のメンツ優先国民の命は次の行動をとっていることは下記のツイーター情報からも明らかだ。

こんなどうしようもない政権を日本危機の時に持つ事しか出来ないとは悲しすぎる。なんとかならんのか。
国会議員、地方議員は国民の命を守るために総決起しろ。議員と言う名の付く人は、今こそ自らの事ばかりでなく国民の為に働く時だ。
そうでなければ、名古屋市長河村たかしの言う言葉が真実を突いている「議員の人数も歳費も半分だ!!」
ーーーーーーーーーーーー以下ツイッター情報

「ドイツ大使館が在日ドイツ人に国外退避を呼びかけた。ところがそれに対し、国外退去をすすめた事実は公けにはしないで欲しい」と日本政府からドイツ大使館に要請があったというのだ。これにはさすがにドイツ大使館も驚いたという。日本政府は国民に本当のことを知らせないのか、と。」




見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

福島原発は大変な状況下にあります。地震対策は100%稼働して、原子炉は自動停止、冷却サイクルに入っていたのですが、大津波の襲撃を受けて、バックアップ施設が破壊されてしまったために、冷却サイクルが制御不能となりました。
東電、消防隊、自衛隊の方々が、決死とも言える注水を試みています。今は、この冷却作戦の成功を祈りましょう。
確かに、菅政権の対応には残念な印象があります。しかし、全て天命と受けとめ、各人がベストを尽くすしかありません。
寺田寅彦の言葉に「ものを怖がりなさ過ぎたり、怖がり過ぎたりするのはやさしいが、正当に怖がることはなかなか難しい」と言うのがあるそうです。与えられたこの試練に冷静に対応することが今は大切と思います。

阿部 さんのコメント...

寺田寅彦の言葉に「ものを怖がりなさ過ぎたり、怖がり過ぎたりするのはやさしいが、正当に怖がることはなかなか難しい」と言うのがあるそうです。
福島原発は、地震発生に対し100%対応し、原子炉の自動停止、冷却サイクルに入っていたところを大津波が襲い、冷却装置が破壊され現在の危機的状態になりました。
東電、消防隊、自衛隊の方々が、「決死」の放水作戦で冷却を試みています。
日本国民としては、この作戦の成功を信じて冷静に見守るしかないと思います。