http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年3月22日火曜日

「直ちに健康に影響を与えるようなものではありません」原発事故報道の間違い/転載記事

 原発事故報道で「直ちに健康に影響を与えるようなものではありません」と言う表現に、そうかな?と素朴に疑問を持ちませんでしたか。直ちにではなくても、いつかその影響が出るのではないか?と。原発は安全だ!と言いながら原発を推進して来た電力会社の言う事を100%信じるのは不安を感じる。
 以下の転載文はその疑問に問題提起をした内容です。
以下転載
***************************

牛乳や水を含む農産物の放射性元素(ヨウ素131など)による汚染に
関しての報道の仕方に大きな問題を感じましたので、以下のような
要請を、NHKおよび、朝日新聞の個人的に知っている人を通じて、
申し入れをしました。貴団体におかれましても、政府、経済産業省
(特に、原子力安全保安院)、東京電力、福島県知事、厚生労働省、
農林水産省などの役所のほか、上記以外の新聞社、放送局などに、
(一般的にそれぞれの役所や事業体に文書を送っても無視される
可能性が大きいので)、個人的に信頼関係のある特定の人物を通じて、
申し入れるようにすると、効果があるのではないかと思います。
他に、もっと効果のある方法がありましたら、ご提案いただけたら
と思います。 田坂

 今日(3月20日)の朝日新聞に福島原発事故関連で、枝野氏の
記者会見での発表が、掲載されていましたが非常に大きな間違い
をそのまま掲載しているのでメールします。

 福島県で採取された牛乳とほうれん草から放射性ヨウ素が検出
されたとの報道の最後に、「しかし、一年間これを食べ続けても、
CTを一回受けた放射線量程度なので、直ちに健康に影響を与える
ようなものではありません」と枝野氏の記者会見での発言を、
何のコメントもつけずに掲載していました。
この発言には、二つの重大な間違いがあります。

 一つは、牛乳やほうれん草に含まれる放射性ヨウ素131は、
これを食べた場合、特に乳幼児や、成長期の子供の場合、
のどのところにある、甲状腺に「チロキシン」という
「成長ホルモン」として蓄積され、「体内被曝」をもたらします。
その結果、チェルノブイリ原発の事故では、汚染地帯に生活
していた子供たちの多くに「甲状腺のがん」を発生させて
しまったのです。したがって、枝野氏の報告は、ごく微量でも
深刻な結果をもたらす「体内被曝」の可能性を、(多分東京電力や、
原発推進派の御用学者によって作成された段階で、故意に)無視し、
CTのような「体外被曝」との比較に摩り替えられています。

 第二の問題点は、「直ちに健康に影響を与えるほどのものではない」
という、表現です。微少量の放射性物質(ないしは放射線)に被爆
したとき、もちろん、「直ちに」健康に被害は出ません。しかし、
これまたチェルノブイリ原発事故によって放出された放射性ヨウ素
を牛乳などの食品や汚染した水を飲むことによって摂取してしまった
子供たちは、3年、4年後に、甲状腺のがんを起こした事実からも
明らかなように、「直ちに健康被害が出ない」ということが、
「特に問題にすることは無い」、ということにすりかえられています。
(これもまた、原発を推進してきた電力会社、政府、また、原発
受け入れ容認の立場をとることによって潤沢な選挙資金を得て当選した、

県知事、市長、町長などが放射性物質の人に与える影響を過小評価
するのに用いてきた表現です。)

 以上のような事実の矮小化は、30キロ県内のみならず、
その圏外にいる、子供を持つ親たちに、「まだ安全なんだ!」という
幻想を抱かせ、本当にどうしようもない危険な状態になって初めて、
ことの重大さに気づくということになりかねません。ぜひ、みなさんで
このことをお伝えいただきたいとお願い致します。 
その際、カッコ内の部分は、多少過激すぎるかもしれませんので、
カットしてくださってかまいません。

田坂興亜(元アジア学院校長、国際有機農業運営委員、元ICU教授)

------------------------------------

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: