http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年4月3日日曜日

3月27日の脱原発パレード(名古屋・栄)にご協力いただいて、本当にありがとうございます。

[脱原発] ブログ村キーワード
 先にこのブログでもパレード前日に案内を載せましたが下記のようにパレードは多くの参加で良かったです。私も名古屋に居れば参加したかった。でも多くの友人も参加したようです。今回の企画を実行した関口さんたちのように若者は直感的にその瑞々しい感性で「原発はいらない」と感じたのでしょう。動植物、人間を何世代にも渡って抹殺してしまう放射能をその動植物、人間がもっている本能的な危険を察知する能力は若者は鋭いのでしょう。
 一方で、これも前に紹介したアイドルの藤波心(13歳)さんが書いたブログに60万回以上の訪問や12000以上のコメントが書かれています。正にブログ炎上です。しかしそのコメントの中には誹謗中傷、脅しのような読んでいても呆れて恥ずかしくなるような物もあります。批判と言うよりは、書くな、削除しろ、もっと勉強しろ、電気使うな、福島や現場の人に失礼だというような問答無用の内容です。どれも言葉使いが乱暴で暴力的です。それを読んでいると、この人たちは何を恐れているのか?と感じました。
 原発はこんなにも恐ろしい物だということが世間に知られることを恐れているのだろうかなどと思いました。おそらく東京電力の利害関係者なのでしょう。
 一方で多くのコメントは、藤波心さんを応援する内容です。もちろん福島県の方からもあります。
 今回の事故で分かったことは、原発は事故が起きたら人間が制御できないものだということです。そしてその後始末には何世代に渡って放射能汚染と闘わなければならないのです。今の世代が恩恵を被るために次世代が何世代もその危険な後始末をしなければならないような物をこのまま使う訳にはいかないと私は思います。
 今の原発は総電力の約4割を担っているそうです、その4割を他の方法に変えることは可能でしょう。
 原発を推進してきたのは歴代の自民党政府だったことは確かです。民主党政府になってもそれは引き継がれています。
脱原発とは、政治の責任です。もちろん今までの原発を推進して来た政治はきちんと総括をしないといけないでしょう。
そして、その反省の上に立って政治の責任で脱原発政策を推進しなければならないと思います。
 私や今の政治家から見たら、今勇気をもって「脱原発」を発言している若者は子どもや孫のような世代です。その純粋な声に応えるのは人生を長く生きて来た私たちや政治家の責任だと思うのです。
 もちろんまだ福島原発事故は収まっていません。ヘタすると最悪の事態が予想されると今日のニュースでも専門家が言っていると言う…。まだ予断は許されませんが、一日も早く収まることを祈ります。
 以下転載記事


ーーーーーーーーーーーー
 3月27日の脱原発パレード(名古屋・栄)にご協力いただいて、本当にありがとうございます。
 たった1週間の告知だったにもかかわらず、約450名の方にきていただきました。
 http://stop-hamaoka.jugem.jp/

 最後は代表関口と友人がメッセージを添えた花束を中電の前において、
放射能を吸収するという菜の花を参加者が1本ずつ中電の前においてきました。
 http://blogs.yahoo.co.jp/kaerunouen/28232929.html
 
 また、「もし世界が100人の村だったら」を訳された池田香代子さんのブログで、
「菜の花革命がおきるかも」と紹介していただけました!
 http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/2011-03.html#20110328

今度は次の企画のご案内です。

ぜひ、ご参加下さい!          代表 関口詩織
---------------
★緊急企画“脱原発×STOP浜岡!”脱原発を歩こう2歩目★
4月3日は東北からの声に、耳をかたむけませんか・・・?

『Dear Friends, VoicesFrom Tohoku
~福島原発から逃れてきた人の話を聴く会~』
【日時】2011年4月3日(日)午前10時~11時半
【場所】ウインクあいち1002会議室(名古屋駅徒歩5分)
    http://www.winc-aichi.jp/access/
    入場無料 150人規模
【主催】 “脱原発×STOP浜岡”学生代表 関口
     (連絡先  stophamaokayouth@yahoo.co.jp
      ブログ   http://stop-hamaoka.jugem.jp/
      ツイッター http://twitter.com/stophamaokaYN

 3月11日に発生した東北関東大地震による津波の影響で、
福島第一原発は大きな災害をもたらし、原発の安全神話は
もろくも崩れ去りました。私たち“脱原発×STOP浜岡”は、
未来を担う若い世代として行動を起こさねばと思い、
「世界でもっとも危険な場所に立地する」といわれる
「中部電力浜岡原子力発電所」(静岡県御前崎市)の緊急停止を
求め、中電への申し入れや、400人を超える人数で
『脱原発を歩こう~STOP浜岡!パレード』を名古屋市栄で
開催しました。
 そのパレードで偶然(必然的に・・・?)福島県いわき市
から逃げてこられた方と出会い、実際に現地にいた人の
語る言葉に衝撃を受けました。そして、もう同じような
気持ちになる人を生み出したくない・何か力になりたいと
思い、この会を開くことにしました。

 今回の会では、原発震災を実際に経験され方に、その地に
住めなくなるということ・目に見えない放射能汚染の
おそろしさを語っていただくことで、参加者の皆さんと
ともに、改めて原発震災について認識できるような場に
したいと思います。
 また、福島や原発周辺では実際にどのような支援が
求められているのかなど、ほか色々、現地からの「リアルな
声」をうけて、この東海エリアにいる私たち一人ひとりが
「今できること」は何かを考える場として、ポジティブ
アクションにつなげていけるような内容にしたいと思っています。

 ろうそくの光は机の上にあってこそ輝く!というわけで、
 陰での祈り以上のことは何か?!ソレをひとつでも
見出せる場所になればと願っています*

よろしくお願いします!

代表 関口詩織

追記1:
 福島原発から30キロ圏内・圏外を問わず、名古屋周辺に
 逃げてこられてきた方で当日思いを話してよいという方は、
stophamaokayouth@yahoo.co.jp 
 までメールください

追記2:
 4月3日(日)午後2時からは、岐阜駅構内で「学習会 
 原発震災を考える」があります。名古屋駅-岐阜駅間は
 JRで18分です。よろしければご参加ください。
 http://rengetushin.at.webry.info/201103/article_2.html


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

yasushi さんのコメント...

脱原発デモを実行した沢山の参加者がいて、安心しました。原発の安全神話などもうないです。これからはどれだけ早く原発から代替エネルギーに日本として切り換えていけるかで日本の未来が決まると思います。

nihongoyaroo さんのコメント...

yasushiさんコメントに感謝します。「原発の安全神話などもうないです。」
本当にそうですね。「これからはどれだけ早く原発から代替エネルギーに日本として切り換えていけるか」正しくこれからはそれが問われています。政治の現実は悲観的な材料がありますが、理想を求めて行かなければ我が故郷も遠くで思うモノになってしまう。