http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年4月17日日曜日

舘ひろし「泣かないで」/読んだだけで泣いちゃうよ。


http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20110417spn00m200006000c.html

館ひろしが被災地で「泣かないで」を涙ながらに歌った…・そんな記事を読むと朝からこっちまで涙が出てくるよ。
日頃は、政府批判、脱原発論を書きなぐっている私も日本人だ。こんな記事一つで同じ日本人だと思いは一つ
みたいな気持ちになる。国内で復興に奮闘されている多くの日本人はもっとそうだろうと思う。

復興にどんな日本を作るかが重要だが、今の菅政府からは大胆な政策が見えて来ない。
第一に脱原発を掲げて欲しい。それは今だから出来るチャンスだと思うのだが…。
それと、海岸から山側に移動して理想的な高原都市を作るのも良いのでは。関西の有名な建築家の安藤さんなどの
知恵を借りれば面白いな。

同時に、日本のエネルギー政策の総括と見直しを行って欲しい。これが一番日本人が苦手とするところだ。今は緊急時だ、批判など非国民だなどと言論封殺が出て来ないことを祈る。
過去、ケジメを付けずになあなあで来たツケは大きい。

原発と言う事故が起きたら何世代にも渡ってツケを払うようなモノを次世代に残すことはやめたい。

0 件のコメント: