http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年5月26日木曜日

もう、何が真実かなどは分からん。「実際には発電所長の判断で中断していなかった」と言うのも本当かどうか?

 東京電力と官邸、保安院をめぐる原発事故の真相は何が何やら分からないですね。当初から、お互いに真実などは公表しないで、自己都合に良い部分だけ公表しているような気がする。
 
そして海水注入の一時中断については、とうとう下記のような発表をした。現場判断で一時中断していなかったとは一体どういうことなんだろう?結果良し?

事故から2ヶ月以上も経過して、今ごろになって、ボロボロと事実が公表されてくる。それも、何が真実かなど疑わしい。

本来は、最初から最後まで事実を全て公表していれば問題にはならないだろう。それを、自己都合に悪い部分は隠したり嘘を言っているので、今ごろになって、隠蔽と嘘と真実が一緒くたになって、何が何やら分からなくなったのではないだろうか。

原子力発電は安全ではないのに、安全だと嘘を言って国民を騙して来たのである。元から真実など公表する姿勢はないと言って良いだろう。
それは、東電だけではない、政府や業界、学者など全ての関係者の責任だ。

事故発生以来、私は原発に無関心で無知だったことを恥じながら情報収拾し調べた。結果、原発は人間が管理できない恐ろしい物だと思った。それを管理できるなどと嘘を言ってきた政治、官僚、財界、学者などの罪は重い。

放射能は地球を滅ぼしてしまう危険性がある。それだけの怖い原子力という物を人類は地球上で作り出してしまい、事故が起きたら何万年も後始末をしなければならないなど、もはや人類が管理できる状況ではない。

その怖さは、世界の英知は分かっているのだろうか?いや、分かっているから「核兵器の廃絶」をオバマ大統領は言い出したのだろうと考える。

人類が生き延びて、地球が安全であるかどうかは、原子力発電から脱却できるかどうか、核兵器を廃絶できるかどうかにかかっているのだろうと思う。

特に、日本は地震国だ。そんな国に原子力発電は一番不適であった。と同時に、技術大国だと思って来た、いや思われて来た仮面が今ボロボロとはがれている。

技術力も管理体制もボロボロだ。それが、今の日本の毎日の状況だ。これでは危険な原発を管理などできないことを知るべきだ。この状況で、やはり原発は必要だなどとどこから言えるのか?

日本のあらゆる組織には特性がある。それは、その組織を守るために組織の中の個人や真実が潰されていくということである。電力会社という組織を見ても分かる。原発は安全だと言う嘘を膨大な宣伝費をかけて行う。

その影響力はマスコミ、政治、学問の世界に大きく広がって行く。特に、国民に影響を与えるマスコミの変更した報道姿勢は近年激しいものがある。
広告費のスポンサーの影響を報道姿勢に反映するなど、真実を報道するはずのマスコミに取ってもってのほかだと思うが、もはやそれは事実である。

大学入試でカンニングした高校生の私生活をしつこく追求したマスコミはカンニングの罪としては何倍も重い罰を一人の少年に与えた。その罪は重い。

しかし、今回の原発事故で当初逃げ回っていた東京電力の社長をマスコミは上記のカンニングの報道以上に追求したのだろうか。カンニングと原発事故の比較など本来おかしいが、それでも私は言いたい。

原発事故の責任の重さはカンニングなど吹けば飛ぶようなもんだ。なぜ、マスコミは東電の社長をしつこく追いかけないのかと、インターネット上では疑問の声が飛び交っていた。

そこには、マスコミの世界での広告費の影響力だと言われている。その広告費で日本のあらゆる組織の中に「原発は安全」だと嘘の宣伝をしてきた。

原子力を研究する研究者も、その電力会社のお金で原子力発電推進のための研究しかしなくなり御用学者だけだ生き残って行った。

例を挙げれば切りがないが、このように日本の組織は個人や真実が大切にされる組織ではない。

政治も然り。政治家が国家や国民のために政治活動を行うことなど忘れて、自己のお金儲けのために魂を売った結果が今の日本だろう。

原発のある地域も、当初は反対していても自治体にお金が入って来るという現実に負けてしまう。
しかし、その結果はどうなるか。それは福島原発事故が証明している。一時期のお金の魔力に負けた結果、失われた物の大きさに愕然とせざるを得ない。

私たちが向かわなければならないのは「脱原発」であることは明確だ。
しかし、日本はその方向に向かうことができるのだろうか?

まだまだ多い「お上任せ」の自ら考えようとしない国民性から脱却しなければ難しいだろう。政治は政治家に、と言ってきた結果が今なのである。

でも、ようやく道筋が出てきた。
孫社長の「脱原発」姿勢、行動、政策力などは明るく道を示してくれている。
脱原発のための自己資金での財団設立、太陽熱発電計画などは具体的で展望が見えてくる。

一財界人でもこれだけのことができる。もっと多くの影響力ある人が出てくれば世の中は変わると思う。
勇気を持ってほしい。

そのためには、政治が真っ先に方向性を出すべきだ。
政治が方向を示せば、日本はそれに向かって動き出す。研究も進むだろう。

今こそ、政治が脱原発を宣言して、日本を変える時だ。

時の政治家が、決死の覚悟で日本を変えると宣言できるかどうか。今問われているのはそこだろうと思う。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村









東京電力は26日、福島第一原子力発電所1号機への海水注入を一時中断していた問題について、実際には発電所長の判断で中断していなかった、と発表した。
http://www.asahi.com/national/update/0526/TKY201105260339.html

2 件のコメント:

umenohana さんのコメント...

「福島原発」の真実は、3月12日の爆発で放射能が放出されたことと原子炉のクーリングに格闘中という事ではないでしょうか。原発関連の報道やTV番組では、破壊された原子炉を如何に制御して放射能被害を最小限に食い止めるかと言う議論と、原発(=核)反対の議論とエネルギー調達の議論が混在している点が如何にも日本的だと思います。
21日のニュース新書(テレビ東京)の番組に評論家の立花隆氏が、日本の原子力導入の歴史にコメントしてました。戦争に負け、技術開発を禁じられた日本が、4等国家になりさがらない為に、当時、米国が打ち出した「原子力の平和利用」として原子力の導入を国策としたこと。その推進の中心人物が、総理を目指していた読売Gの正力松太郎であったこと。被爆国日本の反核、反米勢力を抑える為に、読売Gを使って湯川秀樹博士を引っ張りだしたことなどを語ってました。また、当時、青年政治家であった中曽根氏も正力氏と一緒に原子力導入を推進した政治家ですが、時代の背景として手塚治の「鉄腕アトム」も無関係ではないと語っていました。
昔、バック・ツー・ザ・フューチャーという映画がありましたが、未来を見て見たい。

nihongoyaroo さんのコメント...

未来ですか、日本の未来を見るのは怖いですな。今回の事故をきっかけに脱原発に日本が転換に成功していれば未来は明るいでしょうが、そうでない場合の未来は暗いでしょう。