http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年5月28日土曜日

俳優の山本太郎が原発反対を表明して干されて、事務所を辞めた。

http://www.cinematoday.jp/page/N0032663
上記のアドレスがそのネットニュースです。
私は山本太郎という俳優は知りませんが、日本の芸能界では個人の意見が言えないんですね。その中で勇気ある行動をしていた俳優の山本太郎、今後も応援します

しかし、電力会社の力はすごいですね。電気止めるぞと言えば殺し文句になりますね。いや、広告費止めるぞでした。
日本の電力会社の地域独占は世界では異常なんですね。上記の殺し文句を怖く無いようにするには、電力会社の自由化をすればいい。
米国の方がよほど自由らしい。
電力会社が自由競争になれば電気代はもっと安くなり、風力、太陽熱、地熱など多様な選択ができます。

エネルギーーと言えば、ガス業界も独占状況ですね。昔から。昔、ガス業界にいたので詳しいです。
エネルギー業界は独占状態で昔の通産省時代から政府が公認してた。エネルギーの安定供給のためという大義名分を言い高い料金を消費者に払わせています。

そして、◯◯協会などと業界団体が作られて通産省から天下りが居ました。料金を自由化しないのが電力、ガス業界の常識でした。今思えば、それは業界のため官僚のためだったんですね。
電気は特に独占状態が異常すぎて、弊害だらけです。

今、電力の自由化が検討されているらしいが、思い切ってやりましょう。

0 件のコメント: