http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年6月9日木曜日

放射能の未解明部分が日本を押しつぶす/転送記事

みなさまへ   (BCCにて)松元
CMLにni0615田島さんがニューヨーク・タイムズ記事を翻訳、紹介していますので転送させていただきます。

福島をはじめ日本列島は、これから何年もあるいは何十年も大気、海洋、大地にただよう緩慢な放射線被曝に襲われるでしょう。そのためにも、理解と備えが必要です。(私は、日本における第二の核被曝実験だと思います。)

=======以下転送=======

これは非常に興味深い記事です。

低線量被曝についての日本当局者の悩みにことよせて、被ばくによる傷害の未解明部分(100mSv以下の領域)に関する、ぶつかり合う学説のすべてを手際よく網羅して紹介しているからです。中立的な入門記事として最適であり、論争を行う人には必携です。

1箇所、解釈の問題ではない初歩的間違い
a sudden burst of high-energy gamma radiation by atomic
bombs.
これは、
----high-energy neutron radiation----とするべきだったでしょう。


なお当記事を紹介した、大沼安史様の個人新聞
〔フクシマ・NEWS〕 ニューヨーク・タイムズが「被曝に閾値なし」のBIER
報告を紹介
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/06/post-2ad7.html
中の、全米科学アカデミー、リチャード・マンソン博士の言葉の翻訳には疑問があります。
>「それ以下のことを知ることのできないポイントというものはある。線引き(閾
>値を設定)で決めてしまうのは、単純きわまりないことだ」と語った。

原文はこうです。
“There’s a point beneath which you just don’t know,
and a straight line
is the simplest assumption,” said Dr. Richard R.
Monson,・・・・."

拙訳はこうです
「ここに1つポイントがあって、これ以下の領域がまさに分からないのです。ですから直線(で外挿すること)は最もシンプルな仮説(前提)です。」と、リチャー
ドR.モンソン博士はいいました。

博士は、100mSv以下の未解明領域は直線で外挿することが一番シンプルで正しい、といってるのです。

==================
Radiation’s Unknowns Weigh on Japan
放射能の未解明部分が日本を押しつぶす
==================
By MATTHEW L. WALD
Published: June 6, 2011
http://www.nytimes.com/2011/06/07/business/energy-environment/07radiation.
html?_r=1&emc=tnt&tntemail1=y

As officials in Japan agonize over what constitutes a
safe radiation dose for people who live near the
Fukushima Daiichi nuclear reactors, the state of the
science has been a daunting problem. Studies on the
effects of exposure are based mostly on large doses
delivered quickly by atomic bombs, while radiation from
the Fukushima disaster would more likely result in
small doses delivered over many years.

福島第一原子炉の近くの住民ための安全限度としてどの程度の放射線量を設定するか政府の担当者が苦脳しています――それは、おなじ困難な問題を抱え続けてきた科学界の事情そのものです。被ばくの影響に関する研究は、原子爆弾によって瞬間的に照射された大きな線量に基づいています、しかし福島災害による放射能は、おそらく多くの年数にわたる小線量の被ばくとなるでしょう。

So far the debate in Japan has centered on the risks to
children. Government guidelines set after the disaster
allowed schoolchildren in Fukushima Prefecture to be
exposed to 20 times the radiation dose previously
permitted.The new level is equal to the international
standard for adult workers at nuclear power plants.

今までのところ日本での論争は子供へのリスクに集中しました。
日本政府は災害が起こったあとで、それまで許容されていた20倍の放射線を福島県の学童が浴びることを認めるという新たなガイドラインを決めました。新しいレベルは、原子力発電所で働く大人の作業者に対する国際規準と同等です。After a huge outcry from parents, the governmentpromised that it would lower the permissible level andthat it would pay to remove contaminated topsoil fromschool grounds.親たちからの巨大な叫び声を受けて政府は、許容基準をできるだけ下げましょう、校庭から汚染された表土を取り除くためにかかった費用はできるだけ払いましょう、と約束しました。But the debate is not limited to children; theauthorities have to weigh the risks of allowingthousands of people, including the elderly, to beexposed to levels that remain far above naturalbackground radiation.しかし論争は子供たちのことに限らないのです。
当局は、自然のバックグラウンドよりもはるかに高い放射線にさらされている、大人たちも含めた数千数万もの人たちを、許容されるリスクであるかどうか、秤量しなければなりません。The general is that when people are exposed to smalldoses for decades, the incidence of cancer will riseover time. But that prediction is based onextrapolating from data on people who were exposed toacute brief doses when atomic bombs were dropped onNagasaki and Hiroshima in 1945 ― not on observingindividuals exposed to small doses over decades.一般的な仮説(前提)は、人々が何10年間も小線量にさらされるとき、時間が経つにつれ癌の発生が上昇するということです。 しかしその推定は、1945年の長崎と広島に落とされた原子爆弾による激しく短時間の被ばく、それを受けた人々のデータから外挿したものであって、何10年間もにわたって小線量にさらされた人々の実際の観察によるものではありません。Some researchers argue that all humans are regularlyexposed to a lownatural level of radiation, and that it is
not harmfulwhen below a certain threshold, although fetuses may bean exception. Another vocal minority argues that thereis statistical evidence for higher cancer rates amongpeople exposed to tiny incremental doses.研究者の中には、すべての人間は恒常的に低レベルの自然放射線にさらされている、そして、胎児を例外としながらも、しきい値以下では放射線は有害ではない、と主張する人たちがいます。いっぽうで強く意見を述べる少数派は、わずかに増えた線量の方が線量当たりの発ガン率が高く、それを示す統計的な証拠があるといいます。Still, the mainstream view is that extrapolating fromthe Hiroshima andNagasaki data is more prudent.とまれ、大方の見解はそのどちらでもなく、広島と長崎データから外挿するのがより賢明であるといいます。“There’s a point beneath which you just don’t know,and a straight line is the simplest assumption,” saidDr. Richard R. Monson, an epidemiologist and chairmanof the committee that wrote an influential reportreleased in 2006 by the National Academy of
Sciences onlow-level radiation exposures.「ここに1つポイントがあって、これ以下の領域がまさに分からないのです。ですから直線(で外挿すること)は最もシンプルな仮説(前提)です。」と、リチャードR.モンソン博士はいいました。博士は疫学者で、2006年に米国科学アカデミーによって発表された低レベル被爆に関する有力なレポートを書いた委員会の議長でもあります。(※1)His committee based its recommendations on a hypothesisknown as the “linear, no threshold model.” Under thishypothesis, if a given dose will cause fatal cancers ina certain number of people in a population, then halfthat dose will cause fatal cancer in half as manypeople, and a millionth of that dose will cause fatalcancer in a millionth as many people.彼の委員会、その提言は「しきい値なし直線モデル」としてよく知られる仮設に基づいていました。
この仮説によれば、与えられた被ばく量が人口中に一定の人数に致死的ながんを引き起こすとすれば、半分の被ばく量は半分の人数に致死的がんを引き起こし、百万倍の被ばく量は百万倍の人数に致死的がんを引き起こすというものです。Dr. Monson’s committee largely extrapolated from thehealth records of thousands of Japanese civiliansexposed to a sudden burst of high-energy gammaradiation by atomic bombs. Over the next 65 years, mostof those people died from cancers that may or may nothave been caused by radiation, and others from causescommon to old age.モンソン博士の委員会は、主として、原子爆弾によって高エネルギーのガンマ放射線(※2)の激発にさらされた何千人もの日本の民間人の健診記録から外挿しました。 被ばく以後の65年間にわたって、それらの人々の多くは放射能によるか放射能によらないかのどちらかの癌で亡くなり、残りは老人に共通の原因で亡くなりました。Their death rate from cancer exceeded the one recordedfor populations of Japanese not exposed to theradiation. But applying
this data to the risks faced atFukushima Daiichi is problematic, experts say, andcould lead to overstating or understating the risk topeople who live near the plant.被爆者の死亡率は、日本人で放射線にさらされなかった人口に対する記録を超えていました。 しかし、福島第一で直面するリスクに、このデータを適用するのは問題があります、原発の近くに住んでいる人々にかかるリスクを言いすぎるか控え目すぎるかどちらかです、と専門家はいいます。The most obvious difference is that the bomb survivors’ exposure in 1945 was nearly instantaneous. People inthe Fukushima area are confronting regular levels ofcontamination in the range of 5 to 10 times what peopleare normally exposed to in natural backgroundradiation.最も明白な違いは、1945年の原爆生存者の被ばくが殆ど瞬時だったということです。それにたいして福島の地域の人々は、人々が通常浴びている自然のバックグラウンドである放射線の5~10倍の汚染に日常のレベルとして直面しているということです。What is more, some of the radiation to
which people arebeing exposed around Fukushima is inside the body; itcomes from radioactive materials that contaminatedtheir food or water. At Hiroshima and Nagasaki, many ofthe victims experienced only a quick externalirradiation.さらにいえば、福島の周囲では人々が体内で被ばくする放射線というものがあります。それは食物や水を汚染する放射性物質に由来するものです。広島や長崎では、多くの犠牲者が経験したのは、急速な外部からの被ばくだけでした。Evan B. Douple, the associate chief of research for theRadiation Effects Research Foundation, a jointJapanese-American science institute that analyzeshealth data from the bomb survivors, said that a dosedelivered slowly over time was less damaging than anequal dose delivered quickly.エヴァン.B.Douple氏、被爆者からの健康データを分析する米日共同科学研究所である放射線影響研究所の研究副チーフは、時間がたつにつれてゆっくり与えられる放射線量は、等しい量がすばやく与えられたものよりダメージは小さい、と言いました。“It is well known in
radiation biology thatradiation-induced damage from a given dose of radiationis less effective if it is protracted orfractionated,” he said. The reason, he said, is thatthe body’s repairmechanisms work during the extended period of exposure.「放射線生物学では、照射された被ばく量によって起こる放射線誘発傷害は、持続的あるいは分別的に与えられた時は低影響である、このことはよく知られています」と、彼は言いました。理由は、身体の修復機構が長期間の露出のあいだ働いているからだそうです。(※3)The 2006 report by the National Academy of Sciencesestimated that the effect of a given amount ofradiation is 1.5 times worse when the dose is given allat once than when it is extended. But there are noauthoritative details on varying doses over
time.2006の米国科学アカデミーの報告書は、一定の照射量による放射線の影響は、1度に照射したときのほうが持続して照射したときより1.5倍悪いと見積もっています。しかし、どのぐらい時間をかけて照射したかの諸々について、正式の詳細はありません。As if this were not complex enough, another school ofthought suggests that the radiation effect on peopleexposed at Hiroshima and Nagasaki was worse than theofficial statistics show.まるで、決して複雑なことではありませんよと、別の学派の人たちは、広島と長崎で被ばくした人々への放射能の影響は、公式の統計が表すものより酷かったことを示唆します。This theory holds that weaker individuals were killedoff by the bombs and by the hardships suffered in thosecities at the end of World War II. The people whosurvived past that period, on whom the estimates arebased, are not representative because they werestronger than
average.その理論では、体力の弱い人々は、爆弾とその直後の第二次世界大戦終結期の街で受けた苦難によって、みな殺されてしまったと主張します。 (統計調査の)見積もりの基礎となっているのは、その期間生き延びた人々で、平均より強かった人たちですから全体を代表しないというのです。So the deaths counted in the following decades occurredamong a hardier-than-average population, critics say.だから引き続く数十年間に数えられた死は、平均より頑強な人々の間で起こったものに過ぎない、と批評家はいいます。In the United States, most of the policies involvingradiation exposureinvolve people who are exposed to low levels on thejob, like nuclear plant workers. If the United Statesfaced decisions like those now confronting Japaneseofficials, “there really isn’t any coherent policy,”said Robert Alvarez, a former senior staff member atthe Energy Department who works as a consultant forgroups worried about nuclear
risks.合衆国では、放射線被曝に関する政策の大部分は、核プラント労働者のような職業上の低レベル被ばくに関するものです。もし合衆国が、現在問題に直面している日本政府の担当者のように(公衆の被ばくに関する)決定を迫られたとしたら「本当に、少しの首尾一貫した方針もないでしょう」、これはエネルギー省の元主任であるロバートAlvarezの言葉です。彼は今、核リスクを心配するグループ間のコンサルタントとして働いています。Kuniko Tanioka, a member of the Japanese Parliament whotraveled toWashington to research how the United States governmentconducts independent inquiries after majortechnological disasters, said that advising the publicafter a nuclear accident poses grave challenges in bothcountries.合衆国政府が科学技術上の大災害の後にどのように独自の公的調査を行うかを研究する目的でワシントンやって来た日本の国会議員、クニコ谷岡(※4)は、原子力事故後に公衆へアドバイスすることは、日米どちらの国においても重大な挑戦事だ、と語りました。Ms. Tanioka suggested that the best course that
Japancould take would be to distribute all the raw data ithas on radiation exposure to the internationalcommunity and allow outside interpretations.谷岡さんは示唆しました。日本がとることができる最も良い選択とは、放射線被ばくに関する生データの全てを国際社会に配付して、外国からの解釈を臆することなく受け入れることではないでしょうか、と。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~訳註※1 報告書「BIER Ⅶ」をまとめた全米科学アカデミー「電離放射線の生物影響に関する委員会(BIER委員会)」のこと※2 「高エネルギーの中性子線high-energy
neutronradiation」の間違いか。※3 エヴァン.B.Douple氏の、修復機構が働く時間的余裕がある緩慢な被ばくは、いっぺんに被ばくするより影響が少ないという理屈は、放射線による確定的傷害や一般のケガなどにはあてはまるけど、DNAの確率的傷害であるがんには必ずしも当てはまらないでしょう。なぜなら、がんはDNA修復機構が働いて生き残った細胞だからです。というと、修復機構が忙しいかノンビリかで修復後の不良品DNAの率が違う、という第2弾が飛んできそうですが(笑)。※4 谷岡郁子(クニコ)、参議院議員・民主党http://www.taniokachannel.com/top/top.html以上======ni0615田島 拝「安禅不必須山水」http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list------------------------------------



見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: