http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年7月24日日曜日

「公約の見通しが甘かった」?やることをやったのか?埋蔵金など徹底的に洗ったのか?官僚改革はどうした?自らの努力の足りなさを政権公約が甘かったと言うのは無責任では?

「公約の見通しが甘かった」と民主党の幹事長が国会で謝ったというニュースに無責任だなと思った。

公約実現の為にやることをやったのか?埋蔵金など徹底的に洗ったのか?官僚改革はどうした?自らの努力の足りなさを政権公約が甘かったと言うのは無責任では?

実力ある政治家小沢氏を一方的に排除しておいて、自らのやる気と実力の無さを棚上げして「公約の見通しが甘かった」などと言うのは無責任も甚だしい。公約は選挙で有権者に約束したことなのだ。その実現を諦めて責任を棚上げにするなら野党が言うように解散総選挙をすべきだろう。
国民に信を問えと言いたい。

しかも、その「公約の見通しが甘かった」と言うのも民主党内でそれこそ民主的に議論した結果ではないらしい。公約という重要な内容に付いて変更するなら党内での議論は当然だろう。
それもすらできないのは最早政党ではない。組織の体を成していない。

なでしこジャパンに教えを請いたいとなどと言ってる場合ではないだろう。自ら全員参加の政治活動を壊すようなことばかりをしてきた今の民主党内閣は一刻も早く総辞職か解散すべきだ。

以下は、その民主党内で異論を唱えている議員のブログだ。
民主党議員も、ブログでちまちまと書いている場合ではないだろう。行動しろ、決起しろと言いたい。このままでは民主党も将来は無いのだから。


http://ikko.typepad.jp/blog/2011/07/公約の見通しが甘かったなら即刻やめるべき.html
http://ikko.typepad.jp/blog/2011/07/理解不能.html」


見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

1 件のコメント:

umenohana さんのコメント...

「民主党」を海外メデイアは”リベラル中道左派”と評価してます。旧社会民主党と旧新党さきがけの議員が大半です。リベラル系が菅氏、中道(保守)系が鳩山氏、左派系が横路氏で、そこに小沢氏が合流した訳で、こう言う組織の経営は至難の業と思います。
もう一つ考えないといけないのは「官僚」を甘く見過ぎた点ですね。「官僚」は会社で言えば、総務人事みたいなもんで、リストラ旋風下でも必ず生き残る人種です。
自民党政調会長石破氏は、「民主党の大甘の政策が通ったのは、自民党の政策に説得力がなかった」と反省すると同時に、次の様に訴えています。”気を付けよう、甘い言葉と民主党」。