http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年8月10日水曜日

引っ越しました

日曜日に今まで住んでいた所からバイクで約30分くらいの所に引っ越しました。
引越しの度に荷物が増えるのが難儀ですね。ベトナムでは日本の様な引越し専門業者はいるのかいないのか?
学生に頼んでいたのですが相変わらず肝心な時に役に立たない。結局、引越し先の新たな同居人の学生に親戚の仕事先のトラックと二人の人間を頼みました。大きな荷は洗濯機だけ、あとはダンボール箱が10個ぐらい、2トン車には余裕の引越しでした。

トラックを先に送り出して直ぐに後を追いかける予定が、今まで一緒に住んだ学生3人が引越し先まで一緒に行くと言うので、では後について来てとバイクで走り出す。

そう言えば、3年前の時は私は自転車でバイクリヤカーの後を追いかけたのを思い出した。

ところが、学生のバイク一台が10分くらいのところで一緒について来ていないのだ。もう一台のバイクの学生に電話をさせると、何故か私よりもずっと先を走っているらしい。近道を行くつもりなのでもとに戻るように言うが、結局そこで15分は待った。もう着いている時間だ。

勝手に道を分かっているつもりで私よりも先に走る学生には、「もうオッチョコチョイが」と注意するが、いつものクセで言い訳ばかりだ。性格が自己中心的で、今までも一番私とトラブルが多くて良く注意したのだが、本人は喧嘩しましたね!と言っている。喧嘩では無い、私からは
叱りと注意なのだがその学生には分からない。しかし、日本語の会話は上手になった。

遅れて引越し先に着いたら、荷物は二階の私の部屋には置かずに、一階の家の前に置いたままだ。オイオイ!
男が二人も居てこれかよ。引越し先の学生もなにも言わなかったのか?
とにかく、みんなで二階まで運ぶ。

それでも、荷物はそんなに多くないので運ぶのは直ぐに終る。

引越し先を見て、学生たちは「綺麗な家だ。静かで良いところだ!だから、早く引越したかったのでしょう。」などと言っている。

と言う訳で、引っ越し作業は午前中でなんとかできた。
その後、二日ほどは足腰が痛かった。

引越し先の状況などは、おいおい記する予定です。

0 件のコメント: