http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年8月19日金曜日

美少女の目に大粒の涙が…「どうしたの?」

 引っ越して数日のこと。夕方、散歩しようと宿から大通りに出てふと道路の向こう側を見ると同居している学生がいた。
新たに同居することになった女子学生(20歳)は家が親の家なので家主でもある。

その女子学生が道路の向かい側で、携帯電話に夢中になって立っている。私の呼びかけにも聞こえないらしく反応がない。
道路を渡り、側に行き「どうしたの?」と呼びかける。

いつもは、そんな時には可愛い笑顔で応えてくれる美少女はその日は何故か笑顔が無い。無表情に近い!?

ふと、目を見ると両目に大粒の透き通った涙が今にも落ちそうに一粒見えるではないか!

美少女の目に大粒の涙が…「どうしたの?」

その学生は黙って答えない…。私は散歩に行くのを止めて学生と一緒に宿に帰る事にした。
歩きながら学生が「私はまだ子どもですね!」と小さな声で呟く。

私「………?」

その言葉が何を意味するかは分からない。私もそれ以上は聞かない事にした。でも、学生に涙する訳はある。

いつもは、笑顔がすてきな学生の顔にその夜は笑顔はうかばなっかった。

しかし、その翌朝は「お早うございます」と飛び切りの可愛い笑顔で私を迎えてくれた。良かった!!



見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。






0 件のコメント: