http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年9月9日金曜日

フーコック島のわがまま娘!「雨が降るので行きません」










3年前に訪れたユンドンの町の市場、再び行く。ベトナムで3年は浦島太郎の気分がした。
その時に私にある娘と付き合えと指示した仕切り役の娘はまだ働いていた。ちょうど8歳になるという息子が市場にいた。でも、まだ20代だ。

向こうは私の顔を覚えていてくれた名前までも。嬉しかった。
でも、私に付き合えと言っていた娘は既に結婚して2歳の子供がいるらしい。縁が無かったが、少し寂しい気持ちになる。
ベトナムで3年は大昔だよなと実感する。

その市場、写真が無いので分からないが人が歩く所が非常に狭い。特に衣類売り場が。外国人が入って行くには勇気がいるだろう。普段は客も少なく、売り子は殆どが女性だ。暇なこともあって女性たちの好奇心の対象となって話しに花が咲く。
この島で住め結婚相手を紹介すると言う。

一人居る、その女性は売り場で働いていて、30代後半、綺麗だがわがままで短気だと言う。でも良い人だと。(ベトナム人が紹介する時の常套句??)
内心、わがままと言うのが気になるが、とにかく今晩みんな一緒にカフェへ行こうと約束する。
実は、3年前もこんなパターンだった…。

夜、約束の時間前から私はカフェで待っていた。午後から雨が降っていた。小雨だったのでカッパを買おうか迷ったが見つけられないままバイクでカフェに着いた。

(写真はカフェからの夕日)約束の時間を過ぎても待ち合わせのみんなは来ない。結局、45分経過してから電話が鳴った。約束の相手だった。
「雨が降るから行けない」だった。チョイオイだ。こりゃダメだ。
雨?小雨だよ!と言っても反応無し。 ここはベトナムでした。

一緒に食事でもできるかな?とまだ夕食を食べていなかった私はユンドンのナイトマーケットで海鮮料理を食べたのでした。決してやけ食いではありませんが、最近お腹がメタボになってるのをフーコック島で普通体にと思っているが無理かな?

しかし、市場の女性が紹介してわざわざワガママだと言う意味が分かるような気がしてきた。このベトナムで雨が降るので行かないと言う言葉を長年住んでいるが初めて聞いた。こりゃ、相当なプッツン娘かな?いや、オバさんかな。行き遅れるはずだわ。

0 件のコメント: