http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年9月20日火曜日

さよなら原発の勢いは止まらない。あとは政治の決断だけだ。



昨日の。さようなら原発5万人集会の写真を見て今朝のコーヒーの味は格別だ。
集会の呼びかけ人の大江健三郎さん内橋克人さんなど尊敬すべき人たちがいる。そうなんだ日本にはまだまだ良識ある人たちがいるんだ。日本は変わるぞ。
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20110919/2.html
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20110919/22.html

【ベルリン篠田航一】ドイツのシュレーダー前首相は毎日新聞との会見で、何度も「決断」を口にし、脱原発に抵抗する電力業界を説得した経緯を説いた。官僚や側近任せではない、自らが政治決断した自負がある。

脱原発を選択した理由について、国内では「使用済み核燃料の最終処分場が決まらない状況」があり、国外では「86年の旧ソ連・チェルノブイリ原発事故」のような放射能汚染への懸念があったと指摘し、「このような状況を長期にわたり社会に強制できなかった」と振り返った。

戦後、国土が東西に分断されたドイツは米ソの中距離核ミサイルがにらみ合う冷戦の最前線で、市民も「核の脅威」は身近にあった。反核を訴える学生・市民運動は、環境政党などの政治勢力とも結び付き、世論形成に一定の役割を果たした。

だが、60年代にドイツで原発が運転を開始してからシュレーダー政権が登場するまで40年近く、脱原発は「絵に描いた餅」だった。

前首相が会見で「日本は技術的に(原発とは)違うエネルギー政策が可能」と述べた理由は、日本特有の環境だ。世界トップ級の太陽光発電技術を持ち、ドイツよりも日照時間が長く、風力も「極めて大きな潜在力」(日本の環境省)がある。

前首相は「安全への哲学は日本国民の決断次第だ」と語った。

毎日新聞 2011年9月13日 2時30分(最終更新 9月13日 3時34分)



見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


0 件のコメント: