http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年11月21日月曜日

パスポートが無い!大変だ。

日曜日の朝、パスポートが無い事に気づいた。
ホーチミン市に出かける前で時間が無いので、部屋の中を探すのは途中で外出した。

頭の中は、パスポートの事で一杯。
何処に忘れたのか?落としたのか?盗まれたのか?などと頭の中は走馬灯のごとく回り出す。
一日中、気が気ではない。

一週間前に、家庭教師で教えている家に忘れたのではないか?と友人に確認の電話を入れて返事を待つ。
そのベトナム人の友人の、最近の行動を思い出して何処へ行ったのかなど思い出して、の冷静なアドバイスに従いメモをチエックする。

パスポートを紛失したらどうなる?
再発行はできるはずだが、当然費用は掛かる。それよりも、VISAは発行したばかりだし紛失のパスポートに証明してあるが、再発行したら再度とらないといけないのか?一年以上も出国していないのでVISAの費用は割高になっていたので、一度外国へ出た方が良いのか?
などと、不安がいっぱい。

夜に帰宅して再度部屋を探すが無い?!!

学生家主にも事情を話すが解決策は無い。
そうこうするうちに、頼んでいた友人が電話で、やはり無いと言ってきた。困った!、

再度、冷静にこの一週間の行動を思い出す。
ふと、パソコンのMacBOOKを金曜日に修理に出した時に店でパスポートの入った袋をカバンから取り出したのを思い出した。

実はその店で、客の中に日本語を話す見目麗しいベトナム人女性がいたので、つい嬉くなり会話をして電話番号を聞きだすときにメモ帳をその袋から出したのだ。

人間、昔から酒と女には気をつけろ、と言われている。
いやいや、それは私の弱点のことで、散々失敗してきて今では辞めたつもりでも、目の前に日本語を話す女性が現れるとつい調子に乗って、心は上の空と言うか、ベトナム人のことわざでは「雲の上を歩いている」状態だったのでしょう。

そのパソコン店で忘れたのだと気づいたのが夜の10時過ぎでした。学生家主にそのことを話すと、明日早朝にその店に一緒に行きましょうと言う。私一人でも大丈夫と思うが親切心で言ってくれるので従う。

そして、今日、早朝に二人でその店に行きました。その店はホーチミン市でApple専門店として3年前から開いている店で、Appleファンの私は客の常連で、修理担当者は旧知の仲です。
結論から言うと、ありました。

その、店の帰りに学生に聞きました。私の電話番号は店では分かっている。パスポートをみれば私のだと分かるはず。
そういう時に、日本なら電話をするのが常識かな?!
ベトナムでは?

学生曰く、ベトナムでは電話は無理です。前にカフェで忘れ物をした経験でも、電話しても確認できなくて直接に行って初めて出てきた。わざわざ親切に電話などはしない。

そうですね、出てきただけで感謝しなければ。

お騒がせな出来事でした。
やれやれ。

0 件のコメント: