http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年12月15日木曜日

心が和む日だった!捨てる神あれば拾う神あり。

今日は久しぶりに一定数の日本語学習者を相手に日本語を教えることができた。その、感想は「私はやはり日本語教師の仕事は好きだ!」

3年働いた大学を辞めてから半年が経過していた。
他の大学で働く予定で辞めたのだが、次の仕事は結論から言うとご破算になった。ベトナム人教師を信じてたのに…。

ホーチミン市からは遠い田舎町なので、宿も引っ越した。
しかし、その引っ越しも今では無駄になってしまった。
時々にホーチミン市へ行く時、遠いは!が感想だ。

でも、今日はある日本人の方に日本語教師の仕事を紹介していただいた。
久しぶりの朝の授業、会場へ向かうバイクに乗った私の心は爽やかだった。やはり、朝の授業は気持ちが良い。

事前打ち合わせ無しだったので、いきなりの授業だったが、そんなことは問題無し。
若い学習者の輝く目を久しぶりに見ることができて感無量。

紹介いただいた方に感謝です。
「捨てる神あれば拾う神あり」が今日の実感です。



見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


0 件のコメント: