http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2011年12月31日土曜日

今年、お世話になりました。来年は良い年でありますように。

今日は大晦日、ベトナムでの年越しは4回目だと思うがいつも何をしていたのかな?と思う今日です。
今年の大晦日は心穏やかに居られる事に感謝です。

今年の日本は何といっても3.11東北大震災、原発事故の事を語らずには居られませんね。
お亡くなりになった方には心から、ご冥福と、震災、原発事故で避難されている方にお見舞いを申し上げます。

原発事故では今まで無関心だった原子力発電について、原発事故以来ネットで多くの情報やニュースを見て、原発の恐ろしさを痛感しました。そして反原発を表明いたしました。

日本語教育については、長年勤めたホーチミン市の大学を辞めて田舎町で教える予定でしたが、結果としてその話はダメになって長く暇を持て余していましたが、暮れになり研修生に教える仕事を紹介いただき嬉しかったです。

その長く暇を持て余している時に、色々と思い悩み、考えた末に、この間3年ほどベトナム人女子大学生と共同生活をした経験を活かして、前から考えていた構想を実現する為に今準備中です。テト明けには具体的な話になると思っています。

このように、今年も色々とありましたが、日本を離れて異国の地で生活している者にとっては、一人では何もできないということを今更ながら思いました。
上記の色んな出来ごとも、多くの学生、友人、知人の方に助けられて、寂しいときや落ち込んだ時には励まされてきました。

最後に、私は4年前にホーチミン市で命に関わる病気になり、日本に帰国して手術、療養して再びホーチミン市に戻りました。その時に医者が5年間元気に生きたら後は大丈夫、と言ってました。
ですから、この4年間はその医者の言葉がいつも気になってました。でも、おかげで元気に生きています。その事に感謝いたします。

健康にも自信が出て来たので、これからの人生をもう少し積極的に生きてみようかと少し欲も湧いて来ました。

来年こそは、私自身にも日本全体にも良い年でありますように願わずにはいられません。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


0 件のコメント: