http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2012年1月31日火曜日

アンコール遺跡は男性と女性を象徴?

 アンコーワット、トムの遺跡群を見て思う事。
構造的にはシンプルな造りだと感じた。

 高い塔の構造は男根を象徴、内部の構造は女性器を象徴しているとのこと。これは日本の坊様に直接に聞いた話だ。そう思ってみると、なるほどと納得。
 ベトナムでも似たような小さな遺跡が残っている。
過日、遺跡群の写真をベトナム人学生に見せると、上記の象徴の説は知っていた。

 科学も情報も発達していない大昔の王様(人間)が、何を対象に崇拝するか少し分かるような気がする。
こうして今思うに、遺跡では上のような女性の姿(全て女性は豊満な胸だ。現実か理想かは分からない。面白いことにその胸の部分だけが黒光りしている。観光客が触って行くのだろう。『笑』思わず私も!と一瞬思ったが…。)と男性は闘いの状況の壁画にしか描かれてない。

(ただし、このように私が書くことは浅い知識の切り売りで思いつき程度のことです。研究の結果などではありません。誤解なきよう。)

見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


2012年1月30日月曜日

いろんな顔があるな!優しさ、超越、怒り

アンコール遺跡の石像でいろんな表情の顔がありますね。下の顔は女かなと思われるような優しい顔です。私はこれが好きですね。でも、目がちょっと恐いかな?
下の顔は、何かを超越したような表情ですね。
下のは、怒っているような顔ですね。何に怒っている?もし現在の日本に存在したら「政治家どもよしっかりせんかい!」と怒った顔に見えますね、私には。

見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


2012年1月28日土曜日

アンコールワットを観るには体力が勝負!

いま、カンボジアのシェムリアップに滞在中。昨日からアンコールワットやアンコールトムを見て回ってる。
しかし、広大な敷地の中に点在する石造りの遺跡を高いところに登ったり降りたりするのはかなりハードだ。
案の定、今日は腰が痛くなって来た。足のふくらはぎは筋肉痛で硬くなってる。
夕べはマッサージに行ったが、そのせいかどうか分からない。
思うに、日頃の運動不足が原因だと思う。


ベトナムにいると、暑さと歩道が危ないので歩かないからどうしても足が弱くなるような気がする。いや、その証拠がこれだ。

一日、遺跡を回っただけでこうだ。情けない。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

2012年1月25日水曜日

只今、カンボジアを旅行中。アンコールワットの町シエムリアップからプノンペンに戻ったところ。



シエムリアップは広大な遺跡を観光にくる外国人で溢れていました。

最初の二日はツクツクというバイクに屋根付きのリヤカーのような物に乗って遺跡巡りです。
遺跡の日本語ガイドも考えたが、泊まったゲストハウスも日本語は不案内だし高そうなので止めた。結局、遺跡の前までツクツクで行って一人で写真を撮りながら観て回ることにした。

広大な敷地にアンコールワットやアンコールトムなどが点在しているし、その一つひとつの遺跡が広くて高い。
登ったり降りたりするのに日頃の運動不足の身体が悲鳴をあげていた。
案の定、二日目には足の腓が痛くなり腰痛までしてきた。

二日間は、必死に写真を撮りまくりながら身体で遺跡を感じたが、二日目の後半は「遺跡と言っても、石だけの物以外何者でも無い」などと悲鳴をあげている足腰が語っているような気がしてきた。

と言うわけで、二日目の午後は遺跡の見学を中止してマッサージを受けて休みました。
このまま、腰痛がひどくなったらどうしようと不安が過ぎりましたが、その後二日経ったらよくなってきた。

つくづく、最近の運動不足を感じました。ベトナムへ帰ったら運動するぞ、ジムに行くぞとテトに決意した次第です。

2012年1月16日月曜日

ベトナムのATMは安全か?ごまかされてるような気がする?!

最近、カンボジア旅行の準備でATMを利用する機会が多いが、何かオカシイな?ごまかされてない?

と思うことがある。

私の悪いクセで、ATMから金を引き出して財布にしまう時に、金額を確認しないことが多い。

つい、後ろでベトナム人が待っていたりすると、ゆっくりと確認する余裕をなくしてしまう気の弱い爺なのだ。

この前、ATMで引き出してそのまま財布に入れて、両替商でドルに両替する時に「100万ドン足りない」と言われた。

え!?出した札を数えると確かに足りない??
前からあった金にATMで引き出した金を足して出したが、どちらかで100万ドン少なかった??

ATMで100万ドン少なかったのではないか?と疑問が湧いたが、いまさら確認しようが無い…。

100ドン損をした気持ちになって、その日は一日中気分暗し。(寿司が何回食べられたか)

ベトナムのATMに不信感を抱いてる原因は前にもある。
同じように現金を引き出す時に、手順を踏んであとは現金が出てくるだけになって、何故かカードが出て来てしまうことがあった。「あれ?現金は?』

もしかして、現金は出金したことになってるのでは?
と疑問が湧いて来たが、その場で確認のしようがない。
後日、カードの記録をチエックしようと思うが、そのまま忘れてしまう…。

でも、心のなかで損をしているような疑問が残ったままだ。
生来、いい加減な性格なので良くないのだが、これからはその場で確認することを心がけようと、テト前に誓うこの頃である。

最近、ネットニュースでカンボジアのATMは危ないと出ていた。気をつけようと思っても利用する時に何を注意したらよいのやら…。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


2012年1月15日日曜日

肩寄せ合い見るiPadかな!

今日、カフェでiPadでネットしていたら、ふと右前方の席でさっきまで向かい合いって座っていたカップルが仲良く片寄せ合ってるのが目に入った。

さっきまでは女性が一人で相iPadらしき物を触っていたのだが向かいの男が女性の隣に座って何やら写真らしき物を観ているのが目に入った。

私といえば、一人でiPadでネットしているのだ。
向こうはどうもiPad2らしい。
しかもカップルだ!!

それがどうした!?
と言われそうだが。はい、何の意味もありません。
ただ、ブログネタにしようと写真を撮っただけです。

でも、最近ホーチミン市でもiPadの所有者が増えているようです。昨夜も一人見かけた。ただし日本人。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


ベトナムの美容院で水責めで死にそうな目に遭う。

テト前に散髪してカンボジア旅行を楽しもうと思い、いつもの店に行くが混雑をしているので、ふと隣の店に入ったのが運
の尽きの始まりだった。

この店は私が常連としている店の隣にある同業店だ。いつも、私が店に入ると時に隣から手招きをする店だ。ベトナムではどんな職種でも、このように隣に堂々と開店営業しているところが多い。
そして熾烈な競争をしている。

私は最近は、頭は丸刈りだ。バリカンでかってくれるように言う。
従業員は剃刀を持ち出して来て使うのかと言う、それは断る。坊主じゃない。

髭が伸びていたので剃刀で剃り出した。今まで、ベトナムでは髭剃りで満足したことはない。
まず、剃刀が切れないので肌が痛い。逆さに剃られると痛すぎる、などと酷い目に有ってきた。
だから、躊躇したが、剃るのを了解した。
少し痛い目にあったが、及第点だろう。

次に顔パックをしろと言う、ま、テトだからと了解した。
私は耳掃除を頼むが、なかなかしてくれない。
顔パックされたままでほったらかしの状態だ。

さっきから、急に大きな声の女の声が聞こえる。従業員もそれと大きな声で会話を始めた。
こっちは、耳掃除の最中なのに、途中からほったらかしでおおきな声で話している。
もう、ウルサイのなんの。

どうも、その女は客らしい。私よりあとから来たのに、その客の髪をさわりだしているよ。
そうこうするうちに、次は男の声がする。
その客も隣で耳掃除を始めた。

ええ!こっちはどうなってるのだ?順番もくそもないな。

やっと、途中から耳掃除が再開された。
しかし、痛い、痛いを何回も言わされた。

その度に、こんなに耳くそがあったと従業員は示す。それを、私の腕に許可もなく載せてくる。
見たくもないのに。

拷問のような耳掃除が終わって、頭を洗うかと聞いてきた。オッケーしたのがまた後悔の始まりだった。

仰向けに寝かされて、顔を上に向けていると、顔を少し斜めにした状態で顔半分にホースで水を掛けてくるのである。
最初は良かったが段々と苦しくなってきた。口を閉じて鼻だけで息をしているが、その鼻にも水が飛び込んでくる。

息苦しくなってくる。
こりゃ、拷問だ。

その間、私の脳裏には北朝鮮の事が浮かんでは消えた。映画で見た、水攻めの拷問はもっとたいへんだろう。
私なんか、拷問にあったら、やってないことでもやりましたなどとすぐに言ってしまうだろう。
大昔に、痛い目にあうことが怖い事を自覚した私は、革命家には成れないと悟った事を思い出した。
チェゲバラがまだ生きていた頃だったろうか。

というわけで、顔と頭を洗うのに拷問に等しい目にあった。
なんで、ベトナムでは
顔を下にして洗顔しないのだ?

やっと、拷問から開放されて、勘定を聞いてまた驚いた。
10万ドンだと言う。明らかにボッタクリの顔だ。
この一見の外国人からぼったくろうという顔つきだ。

拷問されて、ボッタクリとは。

不幸中の幸いか?!小銭いれに、7万ドンしか無かったので、
これしか無いと払う。

隣の店の倍だよ!(宿の学生家主に言ったら大笑いか軽蔑の眼で見られるよ、常連の店の値段でもそれでなくても少ない髪の毛を丸刈りするだけなのに高いと言われてるのに)

二度とくるもんか!マックワ!と呟きながら店を出る。

2012年1月13日金曜日

動機や潜伏先などを追及する。???

広島刑務所(広島市中区)から中国籍の李国林受刑者(40)=特別手配=が脱走した事件で、広島県警は13日、広島市西区で李容疑者を発見し身柄を確保した。県警は李容疑者を逃走容疑で行方を追っていた。動機や潜伏先などを追及する。

毎日新聞 2012年1月13日 16時59分

上記の今回の事件、お粗末としかいいようがない。刑務所内で改修工事で足場などが置かれていかにも逃げてくださいと言わんばかりの状況が目に浮かぶ。

最近は、オウム心理教の指名手配犯が自首した時の対応で「緊張感が足りない」と批判されたばかりだ。

今回の件も「緊張感が足りない」。

それと、へそ曲がりの爺が言葉にイチャモンをつけるが「動機や潜伏先などを追及する。」は何か可笑しいと思いませんか?
動機?:逃げたかったから。足場などがあり逃げやすいと思った。
潜伏先?:見つかったからいいんじゃ無いの?意味あるの?

これも、なんか緊張感の足りない文章だと思うのは私だけか?

ベトナムの携帯電話をカンボジアで使う方法は?

「ベトナム情報」のブログ仲間の皆さんにお聞きします。

ベトナムの携帯電話をカンボジアで使う方法を教えてください。

テト期間中にカンボジアへ旅行しようと思っています。
そこで、カンボジアでベトナムから持ち込んだ携帯電話で通話する方法を知りたいです。

ネットで検索すると、「カンボジアでSIMカードを購入して差し替えたら使えるとありますが、ただし外国人はそのSIMカードを替えない、」とあります。

metfone というところがvittelと提携しているらしいので、そのカードを購入したらいいかな?
ぐらいの情報しか分かりません。

カンボジアの携帯電話事情に詳しい方、教えていただければ嬉しいです。

情報は下記の投稿欄に投稿いただくか、jlty.ishi06@mac.com アドレスにメールいただければ幸いです。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


2012年1月11日水曜日

ベトナムの町はもうテト気分だな!!

写真は今住んでいる9区の唯一Wi-Fiができるカフェだ。前にも紹介したが豪邸の庭がカフェになっている。
この辺では豪華な店になるのか、比較的客も少なく雰囲気も気に入っている店だ。

ところが今週になって、予告もなしに休業中だ。
家の門が閉まったままだ。

もうすぐ、テトになるので家族は田舎へ帰ったのかな?
理由は分からんが、このままテト明けまでは営業再開は無いかもしれない。残念。

暇人の唯一の憩いの場所だったのに。

そう言う訳で、町はだんだんテト気分になっていってるようだ。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


君と間接キッスをしたくないね!

宿の居候のベトナム人若造に完全に舐められてるなと感じるこの頃だ。
この宿では私の方が先客だ、しかしそう思ってるのは私だけ。向こうは人種が違う。

コップで水を飲んでも洗わずにもとに戻すのを見て、洗ってから元に戻せと注意した。その直後は渋々行っていたようだが、最近行ってないのを見た。私がいる前で。
舐められた、と爺は思った。

いや、そんな気持ちも彼にはないだろう。些細な事だが気になるのだ日本人には。
先の民族紛争事件以来、彼の態度は完全無視だ。
何を言っても、馬耳東風。元々言葉も通じないし、変な片言日本語を使うのだが、それには私はベトナム語で答える。

テト明けにはこの宿を出るのだが…。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


2012年1月9日月曜日

「私たちは核を止める」

イタリアのサッカー場に巨大な垂れ幕
「私たちは核を止める」

会場からは拍手拍手!

この雰囲気いいですね。(情報元:http://nanohana.me/?p=1345#comment-3776)

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=QQAxAxX0Sds

日本も「核は私たちが止める」。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


2012年1月2日月曜日

名も知らぬお寺の境内で一人のお婆さんと出会い

 元旦にお寺へ行けなかったので、宿の近くのお寺へ朝買い物帰りに寄りました。
 宿の娘たちは教会へ行ってましたが、私はお寺です。

 本堂はただいま新築中でした。正月でも多くの職人が働いていた。
 今年一年の祈願を致しました。
最後に、帰り際に境内を掃除しているお婆さんと出会い、写真を撮らせていただきました。
写真を撮るときは、しゃきっとして元気そうな方でしたが、年格好からすると日本に住んでいる私の母親とダブって見えて、この出会いに感謝です。

そう言えば、母に電話もしていないな…。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


2012年1月1日日曜日

新年明けましておめでとうございます

謹賀新年
 
新年は9区の宿で平穏に迎えることができました。
大晦日の夜は年越し蕎麦を食べようと、日本蕎麦を買って来て夜、ザル蕎麦にして宿の3人のベトナム人と一緒に食べました。

日本では、年越し蕎麦と言って大晦日に食べるんだと説明しましたが、ベトナム人3人特に日本語学習をしない2人には理解で来たかどうかは不明です。

一人の日本語学習者は、前に一度宿で作って食べさせたので、喜んで食べておりましたが…。

そして、今朝の元旦はお雑煮です。
餅だけは日本食材の店で買っておいたのですが、海苔を買い忘れたので私の田舎風の雑煮はできない。

昨夜の蛤のスープの残りと一緒にいただきました。
これも、日本人は元旦にお雑煮を食べるんだと説明しましたが…。

ベトナム人学生曰く、ベトナムにも餅はあります、食べ方は違いますが…。

何はともあれ、健康で新年を迎えられたことに感謝いたします。

と言う訳で、平穏、平凡な元旦風景でした。


見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。