http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2012年1月25日水曜日

只今、カンボジアを旅行中。アンコールワットの町シエムリアップからプノンペンに戻ったところ。



シエムリアップは広大な遺跡を観光にくる外国人で溢れていました。

最初の二日はツクツクというバイクに屋根付きのリヤカーのような物に乗って遺跡巡りです。
遺跡の日本語ガイドも考えたが、泊まったゲストハウスも日本語は不案内だし高そうなので止めた。結局、遺跡の前までツクツクで行って一人で写真を撮りながら観て回ることにした。

広大な敷地にアンコールワットやアンコールトムなどが点在しているし、その一つひとつの遺跡が広くて高い。
登ったり降りたりするのに日頃の運動不足の身体が悲鳴をあげていた。
案の定、二日目には足の腓が痛くなり腰痛までしてきた。

二日間は、必死に写真を撮りまくりながら身体で遺跡を感じたが、二日目の後半は「遺跡と言っても、石だけの物以外何者でも無い」などと悲鳴をあげている足腰が語っているような気がしてきた。

と言うわけで、二日目の午後は遺跡の見学を中止してマッサージを受けて休みました。
このまま、腰痛がひどくなったらどうしようと不安が過ぎりましたが、その後二日経ったらよくなってきた。

つくづく、最近の運動不足を感じました。ベトナムへ帰ったら運動するぞ、ジムに行くぞとテトに決意した次第です。

0 件のコメント: