http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2012年2月4日土曜日

カンボジア、プノンペンのホテルのいい加減さはベトナムと同じ?!

今回のカンボジア旅行では、現地でボランテア活動を昨年から行っている日本人の友人に大変にお世話になった。
ホテルの手配や交通機関の情報提供などを親切に行ってもらった。
(写真がそのゲストハウス。名はハッピーゲストハウス、客はちっともハッピーではないが。)
その友人がプノンペンでわざわざ足を運んで予約をしてくれていたホテル(ゲストハウス)に着いた時の事である。
そのゲストハウスをなんとか探して到着、やれやれとフロントですでに予約している者だがと言う。

しかし、フロントでは予約は無いと言う。
そんなバカな?!私の名前や友人の名前で確認するが無いと言う。
友人が予約した部屋番号を言ったら、その部屋は現在客が居ると言うではないか。

「え!!?それじゃ、なんでわざわざ予約した友人の手間はどうなるの?’」
と言いたいが、言葉の壁もあってイライラするが、向こうは別の部屋は空いているからそこでどうか?と言って来る。

こちらは、そうですかと言う訳にはいかない。「予約した部屋を他の客に貸す事がおかしいのだ」



(写真:セントラルマーケット:この周辺が中心街でホテルもこの近辺。)

友人に電話して、事情を話して、友人の通訳を介してホテル側と話をする。
私がこだわっているのは、予約していたのに部屋が空いていないし予約したはずの部屋は他の客に貸している事がおかしいということをホテル側に言いたいのだ。

何回か、やりとりするうちに、ホテルは確かに予約は聞いた、その時のノートのメモはあった。

だったら、何故、他の客にその部屋を貸すのか?そのことに関してはノーコメント。当然、ごめんなさいなどと言う言葉は無い。

ホテル側の態度に不満はあったが、ここで新たに別のホテルを探すのも大変なので、仕方なく別の部屋を借りることにした。

今回の一件、ベトナムでも同じような事があったことを思い出した。日本人が考えているような「予約」「約束」の概念はないと思った方がよい。

電話やメールでホテルの部屋の予約をしたつもりでいても、ホテル側は目の前に客が来たらその客に部屋を貸すことがある。
後で、予約した客が来ても、予約したはずの部屋は空いてないからトラブル。

カンボジアも同じような状況だろうと思う。

これは、日本と文化の違いと言うのか、習慣の違いと言うのか分からない。ベトナムに住んで5年になる我が輩も未だに分からない。
(正月用の花かな。マーケットの前で。)
そう言う訳で、そのゲストハウスの部屋はシエムリアップから帰って来た時も含めて4泊する予定だったが、トラブったので1泊だけで他のホテルを探して予約をして、キャンセルした。ちなみに、最初予約した部屋は14ドル、他の泊まった部屋は13ドル、新たに自分で探したホテルの部屋は18ドルだった。

見たという印です。↓ポチッとクリックをしていただくと励みになります。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント: