http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2012年2月24日金曜日

今の家の契約、一抹の不安感が付きまとっていたよな。

今の家の契約時、ふとこれでいいのかな?と言う不安感が過ぎったのを思い出す。契約してからもその不安感のようなものが胸につかえていた。

家主は軍隊あがりとかで、その割には饒舌だった。日本人のことは良く分かっている、親戚の子供が日本で働いているなどと親日派のような言動だった。
友人の通訳兼代理契約者のベトナム人女性に上手を言う様な調子の良いおじさんだった。軍隊あがりにしては調子が良すぎる感だった。
最近の軍隊も戦争が無いから話術も無いと出世しないのかな?とも思った。

家の中には、ホーチミンおじさんの古ぼけた額がポツンと掛けられていたのが印象的だった。軍隊だけに尊敬している?と勝手に想像していた。
清廉潔白なホーチミンさんのイメージが家主と重なってしまったのが今回の契約の間違いだったかもしれない。

しかし、そのホーチミンおじさんからみたら、今のベトナムの公安の実態などは想像だにできないことだろう。
家主と話して、ホーチミンおじさんに会ったことがあるかと問うと、子供だったからとてもとてもとの返事だった。
もはや、ベトナムの革命世代は遠くになりけり。

2 件のコメント:

野良犬 さんのコメント...

こんばんわ
現役の軍人か退役軍人でもそこそこの地位に
居てた人で無いと公安には顔効かないみたいですよ
初めに間借りしてた家主さんが退役軍人だって
間借りしてる人が皆外国人で公安に知り合いが
居てたらしく時々公安らしき人が遊びに来てました
ベトナムでは調子の良い人は要注意です!!
ちなみに私は一切賄賂無しで自分で公安に届け出しに
行ってますよ何時まで通用するか判らないけど・・・・

nihongoyaroo さんのコメント...

2月末までに出ないといけないとのことで、家探しです大変です。
今さらながら、今の家は良い物件だと思い知らされました。