http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2012年2月22日水曜日

民主主義と無縁の人たち ≫ ◆無法検察 (田中良紹の国会探検)  THE JOURNALコラム。/転載記事

以下、転載記事です。田中角栄から小沢一郎に至るまで、政治家は巨悪、検察は正義とマスコミを通じて刷り込まれて来たのだと今になって知る。恐ろしさを感じる。
■------------------------------------------------------------------------------------------------------■
民主主義と無縁の人たち ≫ ◆無法検察 (田中良紹の国会探検)  THE JOURNALコラム。
▲産経新聞のベテラン司法記者宮本雅史氏が書いた「歪んだ正義」(情報出版センター)
を引用しながら、特捜検察の歪んだ手法を具体的に解説されています。ご紹介いたします。
■------------------------------------------------------------------------------------------------------■

田中:<こうした有様を見ていると、日本の検察は民主主義とは無縁の所で育成されてきたのではないかという気がする。
戦前の治安維持法を支えた思想検事が、戦後も追放される事なく君臨した検察の体質は戦前から変わっていないのである。>

99.9% の日本の有罪率と聞きますが、一度、狙われたら、冤罪をかけられ、職場を失い、有罪となってしまう司法、、、、
国民の声をひねりつぶす、国家権力のおそろしさを、ひしひしと感じます。  

(貼り付け開始)
****************************************************************************************

(田中良紹の国会探検)  THE  JOURNAL
http://www.the-journal.jp/contents/kokkai/2012/02/post_289.html

民主主義と無縁の人たち ≫
◆無法検察     2012年2月 8日

小沢一郎氏の裁判を巡って、東京地裁から求められていた証拠の開示を東京地検が拒否している事が明らかになった。
▲小沢弁護団の喜田村洋一弁護士は「公文書の照会には回答する義務があるはずで『無法検察』と言われても仕方がない」と批判している。


昨年12月に行なわれた公判で、石川知裕衆議院議員を取り調べた田代政弘検事は架空の捜査報告書を作成した事を認め、それが小沢氏を強制起訴した検察審査会の議決に影響した可能性が指摘されていた。
▲そのため裁判所は検察審査会に送付した資料リストの開示を東京地検に求めたが、東京地検はこれを拒否したのである。

拒否の理由を検察幹部は「検察は訴訟の当事者でなく、裁判に影響を与える証拠を自ら開示できる立場にない」と述べたと報道されている。逃げの一手の屁理屈だが、そもそも検察官僚には国民の税金で養われているという意識がないらしい。
●民主主義国家では公務員が職務上作成した公文書を勝手に隠蔽する事は許されないのである。


●こうした有様を見ていると日本の検察は民主主義とは無縁の所で育成されてきたのではないかという気がする。
戦前の治安維持法を支えた思想検事が戦後も追放される事なく君臨した検察の体質は戦前から変わっていないのである。

そして戦後最大の疑獄事件とされたロッキード事件で馬鹿メディアが「最強の捜査機関」などと賞賛したため、民主主義国家ではありえない異常な捜査手法が生き続けているのである。

これまで何度も引用してきたが、▲産経新聞のベテラン司法記者宮本雅史氏が書いた「歪んだ正義」(情報出版センター)には検察幹部の興味深い言葉が色々と紹介されている。

●宮本氏は当初は「検察=正義」という考えに凝り固まっていたが、故金丸信氏が摘発の対象となった東京佐川急便事件で捜査に疑問を抱く。▲疑問を検察幹部にぶつけていくうちに杜撰な捜査の実態が浮かび上がってきた。

●特捜部は捜査経過を上層部に報告する前にメディアを利用する手法を採っていると検察幹部が宮本氏に打ち明けた。

「最初に政治家ありき」でまず「政治家=巨悪」のイメージを国民に植え付け、摘発する対象を悪いイメージにしたところで捜査に乗り出す。▲そして検察が描くストーリーに合わせて供述調書を作成する。都合の悪い調書は採用されず、都合の良い調書だけが採用される。

東京佐川急便事件では検察の思い込みとは異なり金丸氏を訴追する事が無理だと分かった。起訴しても裁判で有罪に出来ない。
それどころか杜撰な捜査の実態が明るみに出てしまう。しかしメディアを利用して「金丸=巨悪」のイメージを作り上げた検察は振り上げた拳を下ろせない。

●そこで検察は「恫喝」によって検察のストーリーを押し付ける事にした。略式起訴の罰金刑という軽微な処分を条件にして検察のストーリーに合った供述に差し替えるよう求めたのである。

拒否すれば竹下派の政治家事務所を次々「家宅捜索」すると言って脅した。検察にとって「家宅捜索」はただの脅しで事件にする気はないのだが、▲「家宅捜索」された政治家の方は決定的に窮地に立たされる。そして検察と戦えば長期にわたり政治活動を制約される。

「検察と戦うべし」との小沢一郎氏の進言を退けて金丸氏は検察との取引に応じた。●ところがメディアによって「金丸=巨悪」のイメージは定着してしまっている。軽微な処分に国民の怒りは爆発した。怒りは検察にも向かう。▲検察庁の建物にペンキが投げつけられ、検察の威信は地に堕ちた。

検察は何が何でも金丸氏を逮捕するしかなくなった。▲無記名の金融債を所有している事を掴んだ検察は金丸氏を脱税で逮捕するが、▲宮本氏はなぜ無記名の金融債を検察が知りえたのかに疑問を持つ。

●元検事から検察は永田町の権力闘争に利用されたと示唆される。そして「検察の堕落の原因はロッキード事件にある」と宮本氏は検察幹部から言われるのである。

ロッキード事件で検察が描いたストーリーは、ハワイでの日米首脳会談でニクソン大統領からトライスターの購入を要請された田中角栄総理が、丸紅の檜山広社長から「請託」を受け、全日空の機種選定に影響力を及ぼし、見返りに5億円の賄賂を受け取ったというものである。

▲しかし様々なジャーナリストの取材によって日米首脳会談でトライスターの話などなかった事が明らかになっている。

また全日空は田中総理の働きかけなどなくともトライスター導入に傾いていた事を航空業界に詳しい記者から宮本氏は教えられる。

田中角栄氏は丸紅からの「請託」を一貫して否認したが、▲丸紅の檜山社長は取り調べで「請託」を認めた供述調書を、裁判では「検事から恫喝され、あきらめて署名した」と証言した。

●丸紅が田中角栄氏に5億円を提供したのは全日空がトライスター導入を決めてから10ヶ月も経った後で、受け渡しの場所は英国大使館裏の路上など不自然な場所である。
▲宮本氏はロッキード事件を見直しながら、本当に丸紅から田中角栄氏にロッキード社からの賄賂が渡されていたのかに疑問を持つ。

宮本氏は事件を担当した検事に疑問をぶつける。すると「ロッキード事件は奥が深いんだ」、▲「ロッキード事件の追及は検察に対する挑戦になる」と言われる。「ロッキード事件の真相を追及するのはやめろ」と言う訳だ。

そして1993年、田中角栄氏が死亡すると、▲宮本氏は最高検の幹部から「誰も田中の判決を書きたくなかった。これで最高裁もほっとしただろう」という言葉を聞く。

●最高裁は田中の死後、検察のストーリーの拠り所となったロッキード社幹部への「嘱託尋問調書」の証拠能力を否定する判決を下した。●メディアが東京地検を「最強の捜査機関」と持ち上げたロッキード事件は、事件後17年を経て最大の証拠を否定されたのである。

ところがロッキード事件は●国民を「政治とカネ」のマインドコントロールにかけ、▲国会は国民生活に関わる議論より「政治とカネ」のスキャンダル追及に血道を上げるようになった。

国民は国民の代表を「巨悪」と思い込まされ、政治資金規正法を厳しくする事で政治家は政治活動を自ら制約するようになった。

●情報は専ら霞が関の官僚頼みとなり、情報によって政治家は官僚に支配される。▲先進民主主義国には見られない政治の構図が続いてきた。

●メディアを利用して「政治家=巨悪」のイメージを植え付け、ストーリーに合った供述だけを証拠とし、合わない証拠は隠滅し、また恫喝によって証拠を作り上げる検察の捜査手法は、検察幹部によれば、●ロッキード事件をメディアが賞賛したため誰もが問題にすることなく続けられてきたのである。

それが「無法検察」を野放しにしてきた。いま国民の目の前にあるのはそうした現実である。●国民主権の国を作ろうとするのならこの現実をしっかり直視すべきである。

***********************************************************************************

見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


0 件のコメント: