http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2012年3月15日木曜日

爺は見た、交通事故&喧嘩の一部始終。

  昨日の夕方、宿の近くを歩いていたら突然にガンと言う音がしたので、
音の聞こえた方を見るとタクシーが止まってその右側前輪付近にバイクが横倒しになっているのが見えた。

二人のヘルメットを被ったベトナム人男性がタクシーの運転席の窓ガラスをガンガンと物で叩いている。

二人してタクシーの車体を物やヘルメットで激しく叩いている。
タクシーの運転手がドアを開けようとすると殴りかかるので運転手は車内に引っ込んだままだ。

状況はタクシーとバイクが交差点でぶつかってバイクの二人が一方的に怒って運転手に殴りかかろうとしているようである。

そこへ、やはりヘルメットをした欧米人風の男性がその二人の男性と運転手の間に入って、まあまあ落ち着けという風に喧嘩の仲裁始めた。

私はその光景を見ていて、その欧米人風の男性が格好良く見えたのである。
どうやら、その男性はたまたまバイクで通りかかったようである。

しばらくしたら、その男性は若い女性を後ろに乗せて走り去った。格好良かったなー。

さっきからタクシー運転手に殴りかかろうとしていた若い男性二人は少し落ち着いてきた様子だ。どうも、警官が来ている様子だ。

タクシー運転手は車内から何処かへ電話を掛けている。そうしているうちに、
同じタクシー会社の車が近くに2台ぐらい止まっていた。どうやら、仲間が来たらしい。タクシー会社ベトナムでは有名な会社だ。

バイクの男性二人をそのタクシー運転手の仲間たちが囲むように立っている。
形成逆転で、バイクの二人はバイクを起こしている。
バイクは見たところ大きな破損もないようだ。タクシーの前部も壊れた様子には見えない。

その内に警官が二人ぐらいになって来たが、まだ誰かを待っている様子で現場に皆んな立っている。

そうこうするうちに、バイクの二人は現場から行こうとしている様子で、それを警官が止めている様子だ。
二人は、最初の勢いは何処かへ行って、立場が不利とみたか、
逃げたい様子に見えるが警官や周りがそうはさせない。

その状態で、30分以上も時間がたっただろうか、ようやく二人の警官が当事者から事情を聞いているような感じだ。

しかし、それでもまだ誰かを待っているような様子だ。
日本のような事故対策車が来るかと思うのだが…。

私は、しばらく現場で見ていたが、野次馬も減って来たので立ち去った。

ベトナムの交通事故の現場を見るのは実は初めてで、いや、バイクで走りながら見たことはあるが、
このように歩いていてゆっくり見たのは初めてだった。

事故自体は軽い事故だったが、ハデな喧嘩になりそうだったのでつい野次馬の一員になってしまった。このベトナムでは日常茶飯事だ。

見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


1 件のコメント:

ハーバードナンパスクール佐藤エイチ さんのコメント...

日常茶飯事なんですね!