http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2012年4月3日火曜日

東京新聞の挑戦 … 魚の目 魚住 昭(フリージャーナリスト)/転載記事

◆東京新聞の挑戦 … 魚の目 魚住 昭(フリージャーナリスト)

<、、●記者たちの 彼らの怒りや悲しみが直に心に響いてくる。
●2月5日朝刊一面トップに●「『主 権在官』打ち破れ」という日隅一雄さん(四九歳)の
インタビュー記事が掲載された。(写真入り)、、、   >
★魚住昭氏の下記投稿記事を阿修羅版で目にしましたのでご紹介させていただきます。
■-------------------------------------------------------------------■  

●日隅さんは末期ガンと闘いながら、3・11後の東電・政府の記者会見を監視されてきた弁護士さんです。
私の愛読の★【NPJ】市民ネットニュース版の編集長もされています。http://www.news-pj.net/
日隅さんのガン闘病日記も読ませてもらいながら、毎日祈る思いで、声援を送っています。

●「『主 権在官』打ち破れ!」。この本質をつく日隅さんの鋭いことば。日本の本当の支配体系を今こそ、
私たちはしっかり見定めて、運動を引き締め頑張りましょう。


(貼り付け開始)
***********************************************************************

http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/802.html
◆東京新聞の挑戦 … 魚の目 魚住 昭


http://uonome.jp/read/2377       NEW!2012 年 4 月 2 日 魚住 昭

私は十年ほど前から東京新聞の「新聞報道のあり方委員会」の委員を務めている。日々の紙面に目を通し、第三者として意見を述べるのが役目である。

●ただ実際に東京新聞幹部らと顔を合わせ、議論する機会は年に二度しかないから、社の内情は知らない。あくまで記事を通して記者たちの心情や取材風景を想像するに止まっている。

そういう前提で私の話を聞いてもらいたいのだが、最近の東京新聞の報道はかつてなく充実している。●紙面全体に躍動感がある。記者たちの言いたいことがはっきり伝わり、彼らの怒りや悲しみが直に心に響いてくる。一読者として、日本の新聞も捨てたものではないなと誇らしげな気持ちになってくる。

具体例を挙げよう。●2月5日の朝刊一面トップに「『主 権在官』打ち破れ」という日隅一雄さん(四九歳)のインタビュー記事が掲載された。●日隅さんは末期ガンと闘いながら、3・11後の東電・政府の記者会見を監視してきた弁護士である。

●日隅さんはその中で「官僚は匿名。だから責任を取らない。●彼らに有利な情報しか出さず、常にメディアをコントロールしようとする。●日本の民主主義は上っ面だけ。●『主権在民』ではなく『主権在官』なのです」と発言し、▲読者の大反響を呼んだ。

3月20日朝刊の1面トップは「企業向け電気 値上げ断れる」。東電が4月からの値上げを発表した企業向け電気料金は利用者がノーと言えば、契約期間内は現行料金が運用されるという事実を報じ、東電の周知不足を批判した。企業経営者らにとっては貴重なュー スだった。

翌朝の1面トップは「第一原発事故 福島県が拡散予測消去」。●福島県が3・11事故当夜から放射性物質拡散の予測データをメールで入手しながら15日朝までの分をなくしていたという衝撃的な特ダネである。

もういちいち紹介したら切りがないのでやめるが、●官庁や大企業の情報隠しを徹底的に暴く記事が連日のように東京新聞の紙面を飾る。それに共感する読者の声がわき起こり、その声に励まされてより深い調査報道が進んでいくというサイクルができあがった。目を瞠りたくなるような紙面の活性化である。

そのきっかけは言うまでもない。3・11の大震災とフクシマのメルトダウンである。未曾有の事態に直面して編集局は一時混乱したようだが、●まず反権力が売り物の名 物記事「こちら特報部」が反転攻勢に出た。

●見開き2ページのスペースを使って、被災地ルポ、原子力ムラの呆れた実態、原発の危険性を訴え続けてきた京大の小出裕章助教のインタビューなどを次々と半年以上にわたって掲載しつづけた。●これに引っ張られるような形で編集局全体に脱原発・官僚による情報統制打破の気運が生まれ、●どの新聞より明確な脱原発の社論が形成された。

それを象徴したのが●昨年9月の「脱原発六万人集会」の報道だった。各紙が比較的地味な扱いだったのに、●東京新聞は一面トップと社会面トップ、特捜部の見開きページを総動員して集会・デモの模様を伝えた。

●もう政治家にお任せの間接民主主義だけではダメだ。市民が街頭に出て、民意の所在を誇示しなけれ ば日本は再び亡国の淵に追いやられる。そんなせっぱ詰まった気持ちが彼らを六〇年安保以来の大規模デモ報道に踏み切らせたのである。

こうした危機感は原発以外の社会面ネタの扱い(例えば孤独死問題の追及)や一面下のコラム「筆洗」、論説にも及び、他紙との横並び意識に囚われていた記者たちの意識も変えたらしい。●他紙が何を書こうが、我々は我々の道を行く。編集局全体がそう腹をくくったようだ。

●それは私が共同通信の記者だった頃から夢見た新聞のありかただ。●東京新聞の試みが成功(実際に新たな読者が急速に増えているという)すれば新聞ジャーナリズムは変わる。それにほんの少しでも手伝いできれば本望だと思う。(了)

(編集者注・これは週刊現代『ジャーナリストの目』 の再録です)

******************************************************************************

見たという印です。ポチッとクリックをしていただくと励みになります。


0 件のコメント: