http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2013年11月2日土曜日

山本太郎氏が手紙を渡したこと

眠れぬ夜に思うこと。
日本では、山本太郎氏が天皇に手紙を渡したことが大騒ぎになっている。
テレビや新聞が大騒ぎにしているらしいが、今の国会では多くの重要な問題が山ほどあるのに、そっちのけだ。
不敬罪とかいう言葉も飛び交っているが、今の法律ではそんなものなど無い。今の天皇は普通の人間だが、戦前はその人に手紙を渡したら罪なる、そのことが異常に思われない社会だったから日本は戦争に突き進んだのではないか。
天皇に手紙を渡しても、原発の問題は具体的に何も効果は無いと思うのだが、山本太郎氏が何を期待して行なったかは理解し難い。しかし、日頃の彼の言動からして、原発の被害をなんとかしたいという一念から出た行動だろう。この点では、原発事故以来見て見ぬ振りする議員よりはよほどマシだ。
民主主義の否定だというような意見もネットでは出てるが、大げさな気がする。むしろ、議員辞職を言い出す方が民主主義の否定だろう。議会制民主主義で主権者である国民が選んだ議員だ。それを、手紙を渡すくらいで辞職を言う方がよっぽど民主主義否定だろう。
日本は大きな村社会なんだと思う。憲法や法律に書いてないのに、暗黙のルールのようなものがあって、それは組織や体制の先輩たちが自分の都合の良いように作ったようなもんで、新参もんにはまことにいこごちが悪い。黙って先輩の言うことを聞けというようなもんだ。そこからは、改革や発見などはなかなか出てこない。
今回の問題を、野党がどう対応するかで、日本の議会制民主主義は問われるような気がする。もし、議員辞職を賛同するようなことが起きたら、それこそ日本の民主主義は偽物だろう。
(眠れない夜の戯言でした。)