http://ping.blogmura.com/xmlrpc/qv0o9d394fom

2018年12月9日日曜日

日本へ留学する学生に言いたいこと

 今、来年四月に日本の日本語学校へ留学予定の生徒を教えてるのだが、一部の生徒は欠席が多くて何人かは殆ど会話の授業は欠席という強者もいる。そんな状態で本当に日本留学するつもりなのか理解に苦しむ。そういう生徒は、たまに授業に出て来ても、授業に集中しないでやる気が見えない。当然、日本語も上手になってない。そういう時に、会社から生徒の授業態度の評価を頼まれた。しかし、殆ど授業に出てこない生徒の評価はできない。不思議なことに、会話テストをやるときだけはそんな生徒もちゃんと出てくる。でも、授業に真面目に出て来てないから、日本語は下手だ。会話など殆ど出来ない。質問にも答えられない。助詞の使い方も間違いだらけ。これではいけないと、下記のような文を書いてベトナム語に翻訳して、週末に生徒の親との話し合いがあるので渡してもらうことにした。もちろん、生徒にも読んんで聞かせたが、どこまで理解できたかな。まだN5合格レベルだから。
 私は日本語教師だが、ただ技術的に日本語を教えるだけのロボットでもAIでもない。日本人の私が日本の文化と習慣を生徒に理解させなければ、学生は分からないのだという反省も込めているつもりだ。

ーーーーーーーーーーーーー
 初めまして、私は日本人の日本語教師です。
ベトナムで11年、日本語教師をしています。ベトナムとベトナム人が好きで、おかげで長くベトナムで日本語教師としてベトナムの若者たちに会うことができて嬉しく思っています。
 今回、思っていることを率直に述べたいと思います。留学生は、日本の日本語学校で日本語を学び、次に専門学校や大学で学生各自の目的に沿って専門の学習をします。
日本国政府は高い志と明確な目的を持ったベトナム人留学生を受け入れたいと思っています。日本国とベトナム国は友好な関係で、日本人もベトナム人に対して好感を持っています。
 ですから、日本にベトナム人留学生が来てくれることは大歓迎です。しかしながら、留学生の目的は勉強することです。留学生の皆さんが日本の先進的な教育環境で学び、将来ベトナム国の発展と家族の幸せのために貢献していただくことが大切だと考えています。
留学生の目的は勉強することです。志と目的のために一生懸命に勉強することなんです。私は日本へ留学する皆さんにこのことを改めて確認したいです。
 日本へ留学したら、もちろん上記のように頑張って勉強することが大切です。しかし、日本へ行くために今、勉強する学生の皆さんに私は言いたいです。今、一生懸命に勉強することが大切なことを分かってますか。率直に言って、やる気が勉強する気が伝わって来ない学生がいます。残念ですが。
 日本では、時間を守ることや約束を守ることが大切だと考えられています。それは日本の文化習慣です。学校では、欠席し
ないこと、遅刻しないことが大切なことです。そして授業中は集中して勉強することが大切です。
 特に学校で、「欠席しないこと、遅刻しないこと」はとても大切です。これは日本とベトナムの文化の大きな違いだと私は考えています。このことを守れない、できない留学生は日本ではダメなやる気のない学生だと判断されます。仮に試験成績が良くても高い評価は貰えません。そのことは、会社に就職する時にも影響します。日本では、「無遅刻、無欠勤」の学生は卒業時に表彰されたり、奨学金の対象に有利になります。欠席が多い学生は日本語は上手になっていません。特に会話は。日本語は世界でも一番難しい言語です。上達するには長い時間の学習が必要です。
 長々と書きましたが、私の言いたいことは、今、勉強している時も上記の日本の文化習慣を大切にして勉強して欲しいのです。今は日本へ行くための準備期間です。日本へ行った時に困らないようにしてください。欠席が多い学生や遅刻が多い学生は日本に来て欲しくないというのが日本政府の本音です。私も同じ意見です。(私が留学ビザの担当官だったら、許可しないでしょう。)
 改めて、日本へ何のために行くのか、目的を明確にしてください。将来どんな仕事をするのか明確にしましょう。 再度、親子で話し合ってください。
にほんブログ村 海外生活ブログにほんブログ村 海外生活ブログ にほんブログ村 海外生活ブログ

0 件のコメント: